2015年02月01日

「古書会館 de 古本まつり」

huruhonmaturi2015.02.01.JPG

4年ほど前に移転オープンした京都古書会館の中に初めて入ることができました。過去に一度だけ京都の古地図展のようなものが開催されたことがありますが、古書まつりは今回が最初です。以前の古書会館は1キロほど南にありましたが、築百年近い床の抜けそうな町屋でしたから、安全面で一般客向けの古書セールは無理だったようです。しかし、今度のは中古とはいえエレベーターもあるちゃんとしたビルなので、月1度くらいは何らかの古書セールがあるのかと期待していたのですが、いっこうにその気配がなくどうしたことかと思ってました。
場所はうちの店から西へ6筋、北へ1筋の高倉通り夷川上ルですから、徒歩10分弱の距離です。20年ほど前、京都古書研究会の「京古本や往来」に「新刊屋と古本屋―その距離感の変遷―」という作文を載せてもらいましたが、そこに「京都の古書業界にお願いをしたいのは、神田の古書会館のような古書展を開催出来るビルを、三月書房の近辺に建設していただけないか」と書きました。もっと近くだったらなおよかったのですが、それでも遠いというほどでもないので、この3日間は古本まつりの手提げを持ったひとが、うちの店でもかなり目に付きました。
開催三日目の今日午前に行ったのですが、めんどうなのが自転車を一切置けないことでした。京都の本屋回りは新本であれ古本であれ自転車に限るのですが。しかし、地下鉄烏丸丸太町から近いので、三大古本まつりよりも交通の便はよいようです。並んでいた本は、秋の百万遍の古本まつりから均一本や文庫、新書をほぼ除いたというような感じでした。予定通り売れたかどうかは知りませんが、それなりに混雑していましたから、月に一度は無理でも年に数回は開催していただきたいものです。それにしても「古書会館 de 古本まつり」の「de」はどういうセンスなのでしょう?なんか字面もパッとしないし、語呂もよくないし、いささかダサいように感じるのですが。

posted by 三月山 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の書店のうわさ 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

「アスタルテ書房」休業情報と「マルテークィニ島 蛇使いの女」

Z.jpg 金子國義「美貌帖」河出書房新社

エディション・イレーヌ氏からのメールによると「アスタルテの佐々木さん、今日から1ケ月の予定で入院されました。昨年末から数値が悪く、医者に再入院を言われていて拒否されていたのですが、1ケ月の約束で再入院されました」とのことです。
再開日が決まりましたらまたこのブログにてお知らせします。

近刊予定の「美貌帖」は“金子國義初の自伝。澁澤龍彦、瀧口修造、生田耕作らとの交遊の日々。50枚のアルバムを収録”という本です(予価2600円+税)。アスタルテ書房は金子國義氏との付き合いが深いので有名ですから、おそらく何らかの言及や写真掲載もあるのでは。アスタルテ書房では署名本の販売を予定されているかもしれませんが、残念なことに発売が2月上旬なので、はたしてどうなのかは営業再開を待たないとわからないでしょう。

img1.gif
アンドレ・ブルトン「マルテークィニ島 蛇使いの女
アンドレ・マッソン 文・挿画/松本完治・訳
造本:アトリエ空中線・間奈美子
A5変形美装本/挿画全9点/解題資料写真多数収録/本文144頁
2250円+税 エディション・イレーヌ

こちらはエディション・イレーヌの最新刊(奥付発行日は2015年1月24日)で、帯には“待望の日本語完訳販がついに刊行!”とあります。人文書院の「アンドレ・ブルトン集成」には収録が予定されていたそうですが、生田耕作氏が大岡信氏を怒らせたため(とかいううわさ)とかで途絶したため刊行されなかったそうです。この本の詳しい情報はエディション・イレーヌのサイトでごらんください。
三月書房でもイレーヌの本を販売しています。「エディション・イレーヌの本の在庫」の頁をごらんください。もちろん通販もしております。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

今年こそ「加藤一雄の小説」が出るかどうかはまったくわかりません

yohbi2015.jpeg 
「Jyodo no Mikoh2015 浄土の御構VI 古国旅景」(※非売品) 用美社

2006年の予告以来、遅れに遅れている「加藤一雄の小説」ですが、2013年春にはいよいよ刊行寸前の雰囲気だったのに、なぜかそのまま2年たってしまいました。今年もきれいなカレンダーをいただきましたが、数冊の近刊案内が同封されていただけで、「加藤一雄の小説」については一切の情報がありませんでした。それゆえ、いまのところ刊行時期は未定というしかありません。
あいかわらずネット上には用美社さんの新たな情報がほとんど見あたりませんが、日販のサイトには2014年刊行の「葉山にて 絵葉書のなかの葉山」、「葉山一色の海 ミヤジシンゴ写真集」「拝啓サクラさく 復刻版」、「パリの印象 小柴一良写真集」の4冊がアップされています。このサイトが用美社の活動状況をすべて把握しているとはいまいち思えないのですが、2013年は0冊だったので昨年はわり多いほうだったようです。これらの本の在庫はどれもございませんが、仕入れは可能のはずです。
それから、カレンダーに同封されていたチラシによりますと、「島村洋二郎画集」、「Dr.ユンカーマンの葉山」、「葉山佳曲」、「マルベル堂プロマイド集成 大川橋蔵 写真集」の4冊が近刊予定となっています。それと5月に「季刊 EYES(アイズ)」という“葉山・厨子・三浦・横須賀・横浜の人と街を基本テーマにした”雑誌を創刊されるようです。この分ですと今年も忙しくて「加藤一雄」は出ないかもしれません。
最初にご予約いただいてから10年近くになりました。ご予約いただいている皆様は、アドレスが変わられたりしているかもしれませんので、一度ご連絡いただけると助かります。もちろん新たなご予約も、以前のご予約のキャンセルも常時受け付けております。

 ○「『加藤一雄の小説』はどうなったのでしょう?」2014年03月02日
 ○「『加藤一雄の小説』3月発売予定!「限定版」も刊行予定!!」2013年02月18日
2012年02月04日「『加藤一雄の小説』は今年も出ないかも」
 ○2011年01月18日「『加藤一雄の小説』は今年も「近刊」のまま」
 ○2009年08月25日「『加藤一雄の小説』は年内にでるかも?」
 ○2009年02月09日「こんどこそ出る?「加藤一雄の小説」
 ○2007年11月17日「ついに出る?『加藤一雄の小説』」
 ○2006年10月26日「『加藤一雄の小説』近刊のお知らせ」

posted by 三月山 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

「編集工房ノア」さんと「グレゴリ青山」さんの年賀状

謹賀新年 三月書房

noa-nenga.JPEG 「編集工房ノア」さんからいただいた年賀状

「編集工房ノア」の涸沢社長からいただいた年賀状に、「今年は、山田稔氏新著が出ます」とありました。たしか昨年のにもそんなことが書いてあったような気がしないでもありませんが、うちの店でもっともよく売れる著者の新刊ですから大いに楽しみです。なお、この年賀状「春の潮騒」の絵は庄野英二とあります。
編集工房ノアの本の通販は「編集工房ノアの本」のページからメールでどうぞ。

gure-nenga.JPEG グレゴリ青山さんからいただいた年賀状

グレゴリ青山さんからいただいた年賀状には「1月に『スケオタデイズ』、3月に『京都トカイナカ暮らし』が発売です」とありました。うちの店でもっともよく売れるマンガ家の本なのでこちらも大いに楽しみです。「スケオタ」はネット連載のフィギュアスケートねたのマンガで、発売はメディアファクトリー(KADOKAWA)、「トカイナカ」は集英社インターナショナルの季刊誌「KOTOBA」に連載されていた養蜂モノがメインでその他いろいろ収録と聞いています。「トカイナカ」には「KOTOBA」に載った三月書房も大きく出てくる京都の本屋ネタのマンガや、小生らしき人も出てくる「古書通信」掲載の古本マンガも収録されるようです。

sukeotadays.jpg グレゴリ青山「スケオタデイズ 戦慄のフィギュア底なし沼

[2015年1月15日補記]
今朝無事に「スケオタデイズ」が入荷しました(いろいろな理由で無事に入荷しない時も少なくないのが、新刊書店業界の悩ましいところですが)。この本は丸ごと全部スケートネタなので、“どうでもいいこだわりに溢れた”雑ネタ漫画のファンとしてはやや残念ですが、これはこれでそれなりになかなか面白いことはたしかです。帯に鈴木明子プロの写真入り推薦文が掲載されていて、わずかながらもスケート業界に認知されつつあるようでおめでたいことです。定価1000円+税、発行:KADOKAWA(メディアファクトリー)

※三月書房のサイトの「グレゴリ青山の本」のページ
グレゴリ青山 on Twitter

posted by 三月山 at 15:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

「長崎出版」のバーゲンブック

nkomati.jpg yumejuya.jpg meido.jpg yakuyokesishu.jpg

今年破綻(2014年9月30日破産開始決定)した長崎出版の本が、新本特価で入荷しました。うれしいのが、金井田英津子さんの4冊をふたたび仕入れることができたことです。「猫町」「冥途」「夢十夜」は1997年から2002年にかけてパロル舎から出版され、それぞれ10年以上の間、三月書房のロングセラーでした。それが 2011年から2012年にかけてパロル舎(エフ企画)の破綻によって仕入れ不能となりました。それらを長崎出版が2012年から2013年にかけて装幀もそのままに復刊してくれたのでやれやれと思っていたら、同社も2014年の初めから破綻のうわさが流れて入荷が止まってしまいました。結局のところ金井田さんの4冊は1年足らずでまたまた絶版になってしまったわけです。
今回、新本特価問屋から仕入れることができた分はバーゲンブックですから、裏面に“自由価格本”という赤いシールが貼付されていますが、それ以外はほぼ新品同様です。こんなことを言ってはなんですが、長崎出版の在庫が大量に残っているらしいこと、そして2回連続倒産に逢ったことを考えると、3度目を引き受けてくれる出版社はなかなか見つからないでしょう。バーゲンで買える間にお早めにどうぞ。
長崎出版の特価本は問屋の目録には他にも大量に掲載されていますが、うちの店で仕入れたのはエンデの絵本数冊、古本マンガ研究関係の本などごく少しです。長崎出版の本でお探しのがあれば仕入れ可能かどうか調べてお返事いたしますから、必ずメールでお問い合わせください。バーゲン価格は50%〜60%引きです。通販のお申し込み、お問い合わせは三月書房のサイトの「長崎出版の特価本」の頁からメールでお願いします。

posted by 三月山 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

三月書房とアスタルテ書房の年末年始営業案内

三月書房の地べたの店は“年内無休、
1月1日〜4日は休み。6日(火曜)は休みません”

今年は16日(火曜)の定休日を営業するかどうか迷ったのですが、昨年の17日(火曜)は営業したもののさっぱりだったため今年は定休のままにしました。結果的には悪天候だったので、もしも営業していてもほとんど商売にはならなかったでしょう。23日(火曜)は祝日なのでもともと営業予定ですから、30日(火曜)だけが年末特別営業ということになります。1月は例年通り5日(月曜)から営業ですが、いきなり翌6日(火曜)を定休にするのはちょっともったいないので、臨時に営業する予定です。冬休み中なので遠来客が少しはおられるでしょう。

アスタルテ書房さんは年末は12月30日まで、新年は1月3日から営業されるそうです。いまのところ木曜日の定休以外は通常営業の予定とのこと。なかなかお元気そうでけっこうなことです。

12月5日付けの京都新聞夕刊1面に、“中京のアスタルテ書房再開。病負けず古書魅力伝え”という、なかなか大きな記事が掲載されました。11月下旬の再開後の店主と店頭風景、そして10月21日にあった「生田耕作氏をしのぶ会」のスナップでどちらもカラー印刷です。残念ながら京都新聞のサイトにはアップされていないようですから、エリア外の読者の目に触れることはないでしょうが、イレーヌ氏、萩書房b氏らと一緒に小生の後姿も写っています。この記事でやっとわかったのですが、アスタルテ氏の病名は「メネトリエ病」というそうです。胃に巨大なしわやひだが形成され、しびれや強烈な倦怠感におそわれるのだそうですが、原因も治療法も不明だそうです。

posted by 三月山 at 12:14| 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

「富岡多恵子 私が書いてきたこと」、「月光綺譚」

「他店ではあまり見かけない本」入荷案内

tomioka.jpeg 「富岡多恵子 私が書いてきたこと」

ちかごろ、編集グループ〈SURE〉はほぼ毎月1冊刊行と、なかなか旺盛な活動をされています。10月からの新シリーズ「いま、どうやって生きていますか?」は「富岡多恵子 私が書いてきたこと」、「那須耕介 多様性に立つ憲法へ」、「石内都 女・写真家として」の3冊が既刊で、続刊として「高山英男 現代史の中の子ども」と「稲宮康人『大東亜共栄圏』の輪郭をめぐる旅??海外神社を撮る」の2冊が予定されています。各巻ともA5判並製、約120頁。各巻定価1297円+税。この中でやはり1935年大阪生まれの富岡氏のがよく売れています。創作の原動力は「これ、全部、めしを食うため。そのひと言なの」だそう。旧制女学校から新制大学へ、そして詩人としての出発は昭和20年代の大阪でした。小野十三郎ほか当時の関西の詩人や作家について関心のある方には、とくにおすすめします。

turumi-zensishu.jpeg 「鶴見俊輔 全詩集」

12月に出た「鶴見俊輔 全詩集」はB6変型判上製クロス装134頁で定価3400円+税。2003年刊の詩集「もうろくの春」が全編収録で約80頁分、その他の詩と訳詞が約50頁分です。「もうろくの春」はよく売れたようで現在第3刷となっていますが、3000円+税でしたから、「全詩集」はわずか400円のアップで50頁分の増量ということになりお買い得でしょう。編集グループ〈SURE〉の本は京都市内の数店以外では自社サイトでしか販売していないようです。[レア度★★☆]

gekko.JPEG 「月光綺譚 Lunatic Stories」星野時環

「月光綺譚」は星野時環・著/間奈美子(アトリエ空中線)・造本/無重力出版局・発行で定価2950円+税。 とにかくきれいな装幀の本ですが、紐封されているのでどんな内容なのかは確かめておりません。著者からいただいた案内文によれば「31篇のショート・ストーリー集で、31葉の紙片を夜空を思わせるパッケージで包みました。内容はタルホ風、幻想文学風、エッセイ風有。サイズは202×140×10」とのことです。限定12部の特装販(23000円)もあるそうですが、こちらの現物は在庫しておりません。詳しくは無重力出版局のサイトにてお確かめください。今のところ取り扱い書店は三月書房、ガケ書房、文社一乗寺店の3店だけのようです。[レア度★★★]

今回紹介した本の通販は三月書房のサイトの「他店ではあまり見かけない本」のページからメールでお申し込みください。

posted by 三月山 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

「追悼 松本八郎」、「大和通信 第99号」

yamatotusin.JPEG「大和通信 第99号」発行・海坊主社

中尾務氏からいただいた「大和通信第99号(2014年12月15日)」で初めて知ったのですが、「さん(※舟偏に山)板」編集発行人でEDI代表だった松本八郎氏は、9月19日にお亡くなりになったそうです。三月書房では2000年頃から「サンパン」とEDIの本の販売をさせていただいております。その間、2006年にはEDIの在庫管理をしていた会社の破綻があり(※2006年09月07日付記事)、在庫整理のための特価販売にも協力しておりました。その後も悪いことは重なるもので、2013年末にご自宅が火災で全焼し、在庫品も収蔵資料もすべて失われました(※2014年02月09日付記事)。そして、その火事の火傷で入院された病院でガンの疑いを告知され、6月末に肺ガンが判明したときにはもはや末期だったようです。
こちらはお会いしたこともなく、メールで業務連絡をするだけのおつき合いでしたが、後進に譲られた会社が破綻して、委託してあった在庫がすべて返品され、ご自宅の庭先に野積みになっているが廃棄するしかないと言われたこと、その在庫を特価販売させていただけないかとお願いしたら快諾していただいたこと、そして火事ですべてを失われて、新たな出荷が不可能になってしまったと謝られたことなど忘れられません。
「大和通信」は「CABIN」編集発行人で富士正晴記念館館長の中尾務氏編集によるB4判両面コピーの2頁もので、この号には松本氏の追悼として、小沢信男氏の「さん(※舟偏に山)板なひと」、中尾氏の「松本さん」、そして中野朗氏の「川崎彰彦を探して 14」、三輪正道氏の「神戸だより13」の連載他が掲載されています。発行・海坊主社となっておりますが、購読方法は記されておりません。おそらく非売品で知人、関係者等に配布されているのでしょう。もちろん、三月書房では不扱いです。

tuito matumotohatiro.JPEG 矢部登「追悼 松本八郎」

それから、「大和通信」にて紹介されていた私家版「追悼 松本八郎」も、編者兼発行者の矢部登氏のご厚意により入手することができました。こちらは横128ミリ縦182ミリほどの瀟洒な小冊子で全28頁。目次は「さいなら(中尾務)」「松本さんの顎髭(矢部登)」「さん(※舟偏に山)板総目次1983-2008 (附)EDI本書目」、ほかに参考として松本氏が諸誌に寄稿された文章のリストも。裏表紙には(百部非売品)と記されていますので、販売はされていないようです。もちろんこちらも三月書房では不扱いです。
「EDI本書目」によりますと、当店で扱ったことがないのは「関係をはぐくむ教育」のみで、それ以外は一度は扱ったことがありました。発行所表記は“エディトリアルデザイン研究所”“EDI”“イー・ディー・アイ”の三種があったとのことなので、当店の在庫リストもそのように変更し、ついでに刊行年も記載しておきました。
現在の在庫リストはこちらですが、ごらんのように大部分が売り切れとなってしまいました。残りもすべて在庫僅少ですからお早めにどうぞ。

posted by 三月山 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

「アナキズム・カレンダー2015」が入荷

2851.jpg 
「アナキズム・カレンダー2015 山鹿泰治」
A4横サイズ/28頁/価格1200円(税込) アナキズム文献センター 編集・発行

「アナキズム・カレンダー2015」が入荷しました。前年のと同様上下に開いて使用するタイプで、上部が記事、下部がカレンダーです。最初の頃は毎年サイズや形式が異なりましたが、近年ではこのサイズのこの形式が続いています。はがきサイズは小さすぎて読みづらかったたし、LPジャケットサイズは大きすぎて、通販するのに苦労しました。この位のサイズがちょうど手頃でしょう。例によって曜日はエスペラント表記ですが、日曜祝日は赤系の色になったので実用制は少し向上しました。
特集は山鹿泰治。内容は発行所のサイトによれば、「アナキズム文献センターが所蔵する関連資料や写真のほか、生来の科学心・冒険心のもちぬしであった山鹿の漫画やスケッチ、またDIY精神溢れる『ノート』などをご紹介」というようなものです。
このカレンダーの送料は80円、2014年のカレンダー「ギロチン社事件」も少し残っています。こちらも税込み1200円、送料は2冊一緒でも80円です。お申し込みは三月書房のサイトの「南天堂関係者の本」のページからメールでどうぞ。それから、2014年11月11日にお知らせしました、「女の暦 2015」もまだ残ってますのでよろしく。

posted by 三月山 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

「三月書房販売速報[119]」発行のお知らせ


三月書房販売速報[119]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2014/12/02[16-03-119]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 119号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その81)
    ○「出版ニュース」掲載の「2013年度書店売上実績」ランキングの京都分
    ○「大垣書店イオンモール京都桂川店」
    ○「本屋はおもしろい!!」(洋泉社MOOK)
[#04] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○「ルックナウ(旧・グラフ社)」「プラネットジアース」「医学芸術社」
    「同朋舎メディアプラン」「佐久書房」
[#05] 小泉孝一「鈴木書店の成長と衰退」について
---◎受贈御礼◎勝手に宣伝---------------------------------------------
 出版人に聞く15 「鈴木書店の成長と衰退」
      小泉孝一(聞き手・小田光雄)
       定価1600円+税 論創社
----------------------------------------------------------------------

tugeyosiharu.jpgつげ義春―夢と旅の世界―」新潮社

最近売れてるような気がする本「つげ義春―夢と旅の世界―」のキャッチ・コピーは、「この本は買っても買わなくても後悔するでしょう」(つげ義春)。初版には帯が附いていて、このすてきなお言葉が掲げられていました。残念ながら、第2刷にはこの帯が附いていません。ちなみに三月書房では帯附き初版は売り切れです。とんぼの本シリーズの重版以降は、帯が無いのがふつうのようですが、この本だけは帯付きを購入しないと後悔することになるでしょう。新潮社には今後の重版分からはぜひ帯を付けていただきたいと思います。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。

---------------------------------------------------------------------
※重要なお知らせ※
去る3月に WinXPからWin7への移行作業した際、「三月書房 販売速報(仮題)」定期購読者メールアドレスが消えてしまいました。ある程度は復旧しましたが、漏れてしまった分もあるようです。「119号」が届かなかった方は、ご面倒ですが三月書房のサイトからメールにてご連絡ください。
---------------------------------------------------------------------

posted by 三月山 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする