2016年11月08日

鶴見俊輔「敗北力」、「森元暢之作品集2」

haibokuryoku.JPEG 鶴見俊輔「敗北力」 2200円+税 編集グループSURE

この本は今日入荷したばかりですが、実際には10月10日頃の刊行でした(奥付けは10月19日)。出てるはずなのに入荷しないので10月12日に問い合わせたら、「ただいま直販分の発送中ですので、もう数日お待ち下さい。」とのことでしたが、結局3週間以上待たされました。よほどたくさん直販の予約があったのでしょうから、景気のよい話でけっこうなことではありますが…。
この本の内容は、未発表詩稿5篇、著者自編Later Works 23篇(内一編は書き下ろしの“はじめに”)、自著未収録稿12篇で、加藤典洋氏の解説を含めて全255頁の四六判上製本です。
通販送料等120円。編集グループSUREの本の通販は三月書房のサイトの「編集グループSUREの本」のページからどうぞ。

morimoto2.JPEG「森元暢之作品集2」定価1500円+税 湯気カンパニー

関西ローカル発で、いしいひさいち、中島らも、ひさうちみちおの系譜に連なる作家だけれども、彼らほどには活躍していない森元暢之の新刊が入荷しました。湯気カンパニーというまったく知らない版元でしたが、トランスビューが扱ってくれるようになったので、2014年に出ていた「森元暢之作品集1」も仕入れることができました。「『ぴあ』の時代」の1と2となっていて、それぞれ『ぴあ』関西版に1992年〜1995年と1995年〜1997年掲載の各50篇強が収録されています。通販のお申し込みは三月書房のサイトの「他店ではあまり見かけない本」のページからメールでどうぞ。通販送料等100円です。

posted by 三月山 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

エディション・イレーヌとグレゴリ青山の新刊

エディション・イレーヌの新刊3点

161010_02.jpg
 「あの日々のすべてを想い起こせ アンドレ・ブルトン最後の夏」
   ラドヴァン・イヴシック著/松本完治 訳 定価2500円+税
161010_03.jpg
 「換気口」 アニー・ル・ブラン著/前之園望 訳 定価定価2500円+税
161010_04.jpg
 「等角投像」アンドレ・ブルトン著/松本完治 編/鈴木和彦・松本完治 訳

従来はどちらかといえばほそぼそとした出版活動をされていたエディション・イレーヌが、一挙に3冊もまとめて刊行するという快挙を達成しました。アンドレ・ブルトン没後50年記念出版シリーズの2〜4ですが、1の「太陽王アンドレ・ブルトン」は今年の4月に刊行済みで、これはうちの店でもわりとよく売れています。内容や装幀についての詳細は発行所のサイトでお確かめください。この本の通販は三月書房のサイトの「エディション・イレーヌの本」の頁からメールでどうぞ。

517gGMvTGCL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg
 「スケオタデイズ 飛び出せ!海外遠征編」定価1000円+税 メディアファクトリー

グレゴリ青山さんの新刊は残念ながら、うちではいまいち人気のないスケート物です。昨年5月に出た『京都「トカイナカ」暮らし』は100冊超という好成績ですが、同じく1月に出た「スケオタデイズ」の1冊目は20冊ほどしか売れていません。それでも、うちの店としてはよく売れてる方ではありますが…。個人的に、フィギュア・スケートにはまったく興味がないので、ほとんどツッコミのないぬる〜い漫画にしか思えなくて、面白かったのは初観戦したヨコチンさんが、男子選手の出番になったらトイレに行ったというネタくらいのものでした。とはいえ、小生でも知っている織田信成氏の推薦帯が附いてるぐらいなので、フィギュア・スケート業界では評判がよいのでしょう。さいわいなことに次の刊行予定は、京都の古本屋ほかを“どうでもいいこだわり”でネタにしたコミックエッセイらしいので、本屋としても読者としても楽しみにしています。
※三月書房のサイトの「グレゴリ青山の本」のページもごらんください。

posted by 三月山 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

「薔薇窗」旧号 『アドニス』総目次と解題掲載号

bara12.jpg bara16.jpg

三島由紀夫や中井英夫が変名で執筆していたという、昭和27年創刊の会員制地下雑誌『ADONIS アドニス』の総目次(峰あやを編)と解題(山中剛史)が掲載されている「耽美文藝誌 薔薇窗」のバックナンバーがごく少し入荷しました。12号、14号、15号、16号の4回に分載されていますが、どの号も限定100部ですべて在庫僅少ですからお早めにどうぞ。なお、『アドニス』は昭和37年の春の63号を最後に消えたそうです。ほかに『APOLLO』という別冊なども出ていたようですが、そちらの総目次は掲載されていません。
この雑誌の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。

●2016年01月22日の記事“耽美探究誌「薔薇窗」の販売開始”

posted by 三月山 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

「アルテリ」002号 入荷しました

aruteri002.jpg(※この画像はホホホ座さんのサイトから無断でいただきました) 

「アルテリ」002号(年2回刊行予定)
  A5判/188頁/オールカラー 定価1000円+税 アルテリ編集室

 *目次の一部
   石牟礼道子のコトバ
   避難所  坂口恭平
   旅をするいくつもの理由  新井敏記
   虚無と向き合う  渡辺京二 
   完成に向かって。詩経試訳  伊藤比呂美
   お別れ会  吉本由美
   黒曜石  平松洋子
   ひとりということ 江上茂雄さんに
   石牟礼道子の歌(2)  浪床敬子
   カナタバル奇譚(二)  高山文彦
   霧島に行ったときの日記(十九歳)  石牟礼道子
   ほか

創刊号は予想以上によく売れましたが、2号の予約状況はあまりよくありません。これから売れるとよいのですが。前号よりも50頁も増えたのに、100円しか値上がりしていないので、なかなかお買い得です。
この雑誌の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。通販送料等は1冊100円です。創刊号も数冊残ってます。

posted by 三月山 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

「脈 90号 特集・吉本隆明の『全南島論』」

myaku90.JPEG

「脈 90号 特集・吉本隆明の『全南島論』」
  比嘉加津夫・編集 A5判/206頁  定価1200円+税  脈発行所

*目次
   特集  吉本隆明の『全南島論』
   佐藤幹夫   いま、「南島論」をどう読むか
   宮城正勝   『全南島論』の「まえがき」を読む
   松島 浄   色の重層
   北野辰一   デイゴの花影の未完の体系へ
   神山睦美   吉本思想を接ぎ木するために
   松原敏夫   断片的吉本隆明ノート
   田中眞人   魂のデォゴニア―吉本隆明の『全南島論』を読んで
   比嘉加津夫  沖縄の意味―吉本隆明の「南島論」から

日記 村上一郎 村上一郎未発表日記と『試行』(3)(編・註=佐伯修)
   解題 佐伯修 「村上一郎の未発表日記」(1)(2)につき―訂正と補足いくつか
俳句 仲本彩泉 地誌の迷宮 7
  詩  波平幸有 お前もやっと楽になったろう(他一篇)
     仲本 瑩 ハブの道(他一篇)
  小説 伊良波盛男 オオダコ
     仲本 瑩 バラードの斧ひかりの檻(25〜27)
     杼該至矢 医療現場の実態
  論考 深谷 考 野呂邦暢、風土へのヴィジョン(3)
     青柳瑞穂 怠けて生きたいわたしたち(八)―イギリスの「アイドラー」
     松岡祥男 吉本隆明さんのこと(10)「『アジア的ということ』をめぐって」
     崎原恒新 沖縄地方文学史(17)
  編集後記
  表紙(吉本隆明)絵=西田高明 題字=比嘉良治 本文カット=ヒガカツオ

5月に2冊同時刊行の88号と89号は、毎日新聞の書評の影響もあったらしく、瞬く間に完売しました。この号は少し多い目に製作されたようですが、それでも数百部程度のはずなのでお早めにどうぞ。「村上一郎の未発表日記」の第3回は、1962年の2月20日〜4月30日で『試行』の第4号発売まで。この日記の連載は、村上一郎が『試行』の同人だった10号(1964年2月)発行のあたりまで続くのでしょう。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

「貸本マンガ史研究第二期4号」特集・水木しげる

kashihonnkeh2.04.JPEG 「貸本マンガ史研究第二期4号」特集・水木しげる

「貸本マンガ史研究第二期4号」は昨年亡くなった水木しげるの〈追悼〉特集です。「討論 水木しげるの“反戦マンガ家”としての評価をめぐって」、「池上遼一インタビュー 水木プロの時代」、つげ忠男、土屋慎吾、勝川克志等十数名の追悼文などのほか、資料として桜井昌一他の再録記事も収録されています。詳しい内容は、表紙の画像をクリックして拡大していただけると読めるはず。
前号は辰巳ヨシヒロの追悼特集でしたが、次号には今年の7月に亡くなった巴里夫の追悼記事が掲載予定となっています。貸本漫画は1960年代半ばまででほぼ終わりましたから、その関係者のみなさんは高齢者であり、次々にお亡くなりになるのもしかたないことでしょう。それでも、この研究会は20年近く活動されていますので、貴重な資料が蓄積されつつあるようで、この号の裏表紙には「貸本関係資料集成」本編揃価651000円、補遺編揃予価198000円というすごい本の広告が載ってます。もちろん当店には在庫しておりませんが、仕入れは可能な感じです。
「貸本マンガ史研究」の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。バックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

お盆休みのお知らせ

2016.08.01.JPG

地べたの店は8月8日(火)〜10日(木)休みます

今年も火曜の定休日を含む3日間を盆休みといたします。例年よりもやや早めですが、その次の火曜日は大文字の送り火で、観光客が多い日なのでその前後は休まない方がよさそうです。ほんとうは9日〜11日に休もうと思ったのですが、カレンダーを見たらまったく知らないうちに11日が祝日になっていました。今年から山の日だそうですが、どういう由来の祝日なのかまったくわかりません。海の日は海軍記念日とかいうものの復古だったようですが、山軍とか山岳軍というのは聞いたことないし、まさか南朝や後南朝の山岳軍の記念日でもないでしょう。海の日はB級祝日らしく移動祝祭日ですが、山の日はたいした祝日でもないのに固定されているのも不思議ですが、よーするにこの日から盆休みにしたらよいのではということのようです。盆はいちおう宗教行事なので法律にはそう書けませんが。
上の写真はたいした意味ありませんが、うちの店の前から寺町二条交差点付近を撮影した今朝の景色です。寺町通りのよいところは、わりと幅の広い舗道と銀杏並木で、この並木がなければ真夏の日中に歩くのは耐えられないでしょう。

posted by 三月山 at 09:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

『昭和エロ本 描き文字コレクション』カストリ出版

erohon.jpg橋本慎一『昭和エロ本 描き文字コレクション』

先月からカストリ出版の本の扱いをぼちぼち始めています。『昭和エロ本 描き文字コレクション』は最新刊で、版元の宣伝文によれば“日本初!! エロ本だけのレタリング作品集。昭和30〜40年代のエロ本を彩った、描き文字(レタリング)の数々がついに書籍化!!エロ本史≠ノ残る一冊。”とのことです。橋本慎一氏のインタビューや『漫画Q』創刊号から約30点の挿絵も収録されています。これで1800円+税はなかなかお買い得でしょう。
他に、内務省流出資料『戦前私娼窟リスト・4冊セット』、復刻版「全國遊郭案内、復刻+増補「全国女性街ガイド」、復刻版「白線の女(中村三郎)」も入荷しています。正直なところ売れるのかどうかまったくわかりませんが、これらの復刻版の元本は古書でも入手困難で、古書価格も数万円以上はするそうです。なお、版元氏の話ではけっこう若い女性に人気があるとのことですが、なぜなのでしょう。なお、これらの本のいくつかはキンドル版も出ていますが、こちらの売れ行きはいまいちだそうです。
カストリ出版の本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

「SPIN」のバックナンバーが入荷

spin7.jpeg 「SPIN」みずのわ出版

久しぶりに「SPIN」のバックナンバーが入荷しました。残念ながら3号と4号は版元完売で、今回の入荷はその他の6冊です。この雑誌は「実売部数の落ち込みが深刻になった」(※8号挿入「終刊のお知らせ」)とのことで8号で終刊になりました。各号の特集は下記の通りで、在庫のある号はどれも定価1000円+税です。。
 ・8号(2010/11)“季村敏夫*窓の微風/多田進さんの仕事場にて”
 ・7号(2010/04)“ブックイベントのたのしみ”
 ・6号(2009/10)“宇崎純一のやさしき世界”
 ・5号(2009/03)“古本屋を怒らせる方法!海外編”
 ・4号(2008/10)“湯川書房 湯川成一さんに捧ぐ”※売り切れ
 ・3号(2008/03)“佐野繁次郎装幀図録”※売り切れ
 ・2号(2007/08)“はっきり言って、意味ないんですよ”
 ・1号(2007/02)「淀野隆三日記を読む(一)」ほか
ついでに「佐野繁次郎装幀集成 西村コレクションを中心として」(定価2200円+税)も仕入れました。いずれも在庫は僅少ですが、追加の仕入れもまだしばらくは可能なようです。
みずのわ出版についてはこのブログの2008年03月17日に記しましたように、「書肆アクセス」の閉店に関しての同社代表の言説にちょっとむかついたので、あまり熱心に補充作業をしておりませんでした。それが、先日ご本人がご来店になり、話してみるとなかなか面白い人だったので、あらためてまた揃えることにしたわけです。
というわけで、念のために、昔むかついた文章を再読してみましたが、やはり感心できませんでした。この文章が掲載された「[書評]のメルマガ vol.325(2007.9.22発行)」 はいまでも読めますので、お暇な方はお確かめください。
この雑誌の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

川崎彰彦「虫魚図」ほか

tyugyozu.JPEG 川崎彰彦「虫魚図」定価2200円+税 編集工房ノア

しばらく在庫切れだった「虫魚図」が久しぶりに入荷しました。1980年刊行の“最新小説集”で装幀・挿画は粟津謙太郎。川崎彰彦の本は編集工房ノアから9冊刊行されていますが、現在入手可能なのは、この本と「夜がらすの記」と「冬晴れ」の3冊だけです。すでに古書価が定価以上になっているらしいのもあるようですから、お早めにお求めください。ご参考までに、ノア刊の9冊のリストを載せておきます。
わが風土抄(1975)
虫魚図(1980)
アレクサンドル・ブローク「十二詩集」 (1981) ※訳詩集
・月並句集(1981)
夜がらすの記(1984)
・二束三文詩集(1986)
・冬晴れ(1989)
・詩集「合図」(1992)
・詩集「短冊型の世界」(2000)

編集工房ノアの本の通販は、三月書房のサイトの「編集工房ノアの本の在庫」のページからどうぞ。今ならおまけに「海鳴り」最新号を進呈します(※無くなり次第終了)。

posted by 三月山 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする