2008年02月21日

リージョン・フリーDVDプレイヤー

「EVER GREEN DVDプレーヤー EG-D2340X」

EVER GREEN DVDプレーヤー EG-D2340X

アマゾンで輸入盤の音楽DVDを買おうとすると、リージョンの情報がかなりあいまいで、リージョン1となっていても実際にはリージョン・フリーのことが多いようです。カスタマー・レビューでその点について説明があると助かりますが、なんの情報もないときにヤマカンで買って、リージョン1が届くとがっかりします。そういう場合はパソコンをリージョン1に設定して見ていますが、これはかなり不便です。ところが、世間にはリージョン・フリーのプレイヤーというものがあるらしいということを知ったので調べてみると、あまり聞いたことのないメーカーばかりですが、いろいろ販売されてました。アマゾンでも堂々と販売しているくらいですから、別に法律違反ではないようです。おそらく大手のメーカー連は、何かよくわからない業界内の申し合わせで、リージョン2のプレーヤーしか国内では販売しないようにしているのでしょう。

上の画像はアマゾンのサイトからコピーしましたが、購入したのはもっと安かった別のネットショップからです。税込み4980円、送料550円とかなりの安さですが、リージョン・フリーの上に、ヨーロッパのPAL方式にも対応していますから、今後はよくわからない輸入盤でも安心して買うことができるようになりました。ごく粗末なテレビとコンポにつないで使用していますから、レベルの高いことはわかりませんが、ふつうに見ている分には画像も音もこれで充分です。

リージョン1のDVDは主にamazonのマーケット・プレイスで買っていますが、未開封の新品が送料を足してもamazon本体より、2割から5割くらい安く買えますからたいへんに得です。欠点は海外からの発送なので到着までに2週間前後かかることですが、これは慣れればあまり気になりません。買うのは字幕がなくてもほとんど困らない、クラシックやロックやジャズやブルースなどの演奏物ばかりですから、映画などもリージョン1のが安く買えるのかどうかについては知りません。

posted by 三月山 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

続・公衆電話が消えていく


「公衆電話チズ」

昨年の9月2日のブログに「公衆電話が消えていく」という記事を書き、「公衆電話の所在地図があればよいのですが、ネットで調べたところでは、NTTは公衆電話の所在地を公表していないし、地図業者も基本的には無視しているらしいということがわかりました。どこぞのサイトで公衆電話の所在地のリストを作ってくれないでしょうか?」と書きましたが、そういう奇特なサイトがちゃんと存在していることがわかりました。「公衆電話チズ 携帯を携帯しない生き方」というまことにすばらしいサイトです。誰でも公衆電話の場所を書き加えていくことが可能なシステムで、今日現在、「9,283 デンワ (全国393,066デンワの 2.362 %)」登録されているそうです。うちの店の近所を検索すると、京都市中京区では22台見つかりますが、ほぼ四条烏丸周辺ばかりで市役所前あたりはまだ未登録が大多数のようです。閑なときに近所の公衆電話を調べて登録したいものですが、ブログを初めて1年以上たったのに、いまだにトラックバックの付け方すら知らないので、はたして実際にやる気になるかどうかはわかりません。

posted by 三月山 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

「ハードディスク・オーディオ・プレイヤー」とかいうものを買った

「gigabeatS30GBHDD」

東芝gigabeatSシリーズ ハードディスクオーディオプレーヤー 30GBHDD

いつも店番しながら音楽を聴いてますが、店内にスピーカーがあるわけではありません。2階で鳴らしている音が、階段の真下のレジ付近なら聞こえるというだけです。このためにCDプレイヤーは100枚連続で演奏できるのを買いましたから、一日中途切れることなく鳴らすことも可能です。ただしBGMのつもりはないので、あくまでも漏れ聞こえてくる程度の音量でしか鳴らせません。というわけで、こういう聴き方に向く音楽とぜんぜん向かない音楽があり、向かない方の代表は、大音量で聞かないとだめなハードロックとかハードバップ、そしてクラシックの管弦楽やオペラなどです。音量的には最適ですが、歌謡曲や落語などは雰囲気的にちょっと合いません。というわけで聴きやすいのは大昔のジャズやブルースやカントリーやタンゴやシャンソン、ロックならもはやクラシックというべき、バーズやビーチボーイズあたりまで、そしてクラシックならせいぜい室内楽までです。

このプレーヤーを買ったのは、最近に加入した「Napster」でダウンロードした曲を保存して、一日中鳴らしたかったからです。アマゾンで24800円で買いましたが、ちかごろはイーバンクでの送金も可能になったので、送料も代引き手数料もかからない上に、後日2000円分のギフト券もくれましたから、かなりのお買い得でした。30ギガの保存容量があり、CDアルバムにして数百枚保存可能のようです。肝心の音のほうはヘッドホンで聴くとわかりませんが、アンプにつないで外部スピーカーで鳴らすとやや貧弱な気がしますが、これはプレイヤーのせいではなくて、音楽ファイルの圧縮の関係のようです。これを補正するイコライザのような機器が1万円以内で買えるらしいので、現在検討中ですが近く購入することになるでしょう。音楽以外にも静止画や動画も見られるようですが、まだ使ったことがないのでよくわかりません。これで「Napster」に一ヵ月1980円の会費さえ払えば、新たなCDを購入しなくても、いくらでも新しい音楽を聴くことができるはずなのですが、アップされていない曲も多いので、CDの購入を完全に止めるとこまでは、まだまだ行きそうにありません。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

書店業界は「脱税ランキング」第10位!!

「紙の爆弾2007年1月号」

月刊 紙の爆弾 2007年 01月号」に載っていたパチンコ業界についての記事を読んでいたら、国税庁発表の平成17事務年度の法人税脱税の業種別ランキングが掲載されていて、驚いたことに「書籍、雑誌販売」が堂々の第10位になっていました。1位は「バー・クラブ」で2位が「パチンコ」3位以下は「廃棄物処理」や「土建業」などいかにもな業種が並んでいます。「書店業界」は定価販売のために透明度が高く、そもそもごまかしうる余地は極めて少ないはずなのに、なぜこんなランキングの上位に登場するのでしょう。しかも前年度は第5位だったのですから、今回だけがなんかの間違いだったという可能性はありません。法人税を多額納税するような大手の書店グループには、われわれ小書店ではわからないような、何かグレーな余得でもあるのでしょうか。しかし、たとえなにかあるとしても、きっとささやかなものであって、パチンコ業界などの錚々たる〈脱税〉業種と張り合えるほどの、おいしい話があるとはとても思えません。
先に「脱税ランキング」と書きましたが、このリストの正式な名称は「法人税の実地調査の状況」の別表5の(1)「不正発見割合の高い10業種(小分類)」となってます。要するに税務調査をすると何らかの不正が発見された率のランキングなわけで、1位が56.2%で10位の書店業が24.7%となってます。別表5の(2)は「不正申告1件当たりの不正脱漏所得金額の大きな10業種(小分類)」ですが、こちらの1位は「パチンコ」で1件平均約4357万円、書店は約738万円ですが順位は不明です。ようするに、書店業は不正額ではたいしたことないが、不正がばれる率はかなり高いということです。この「書籍、雑誌販売」には古書店も含まれているかもしれませんが、その率はごく僅かでしょうから、大部分が新刊書店だとすれば、仕入れはほぼすべて取次店から入るわけで、定価販売が基本でありマージン率はごまかしようがありません。むしろ、この再販制が〈わざわい〉して、ごくささやかな不正であっても至極簡単にばれてしまうというのが実情ではないでしょうか。そうでなければ「電器店」、「飲食店」、「雑貨屋」、「婦人服店」、「八百屋」、「魚屋」その他もろもろの業種を差し置いて、こんな不名誉なランキングの常連である説明がつきません。
(※註)この「紙の爆弾」の記事には、「書店業界」の脱税についての言及は一切ありません。先のリストが掲載されているだけです。

◎参考サイト 国税庁「平成17事務年度における法人税の課税事績について
posted by 三月山 at 21:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

寺町通紅葉セズ

寺町二条から北を見る2006/11/27

このブログは季節感に乏しくて風流でないと自覚しているので、寺町通りのイチョウ並木が紅葉したら写真をアップしようと待っていましたが、今年は色づくのが非常に遅く、ついにほとんど紅葉しないまま剪定されて丸坊主になってしまいました。写真は造園業者による剪定作業風景です。いつもなら勤労感謝の日のころが紅葉のさかりで、なかなかきれいのですがちょっと残念でした。ただし、例年は落ち葉の掃除が何週間かにわたってものすごくたいへんなので、楽と言えば楽なのでけっこうなことではありますが。

posted by 三月山 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

定額制、聴き放題の「napster」はかなりよさそう

napsterのフライヤーと電子マネー領収書

ナップスター」はたぶん日本初の音楽ファイルの定額制ダウンロードサービスです。先行する「i-pod」などが1曲毎の販売なのに対して、こちらは1ヶ月1280円からの定額制で、何万曲でも無制限にダウンロードできますが、支払いを止めると翌月からは再生できなくなるシステムです。しかし、CD1枚分程度の価格ですから、BGMとして聴き流しているだけでもすぐに元がとれますし、永久保存したくなれば別料金で買い取ることも可能です。こちらはアルバム1枚分1500円程度ですから現物とあまり変わりませんが、絶版ものやレアものの場合は悪い話ではありません。このシステムを知ったのは、タワーレコードが熱心に宣伝していて、行くたびにお試しパスワードやチラシをくれたからです。こういうダウンロード・サイトが定着すれば、リアルCDの売上げが落ちることは確実ですが、おそらくその趨勢はもはや避けがたいので、提携して生き延びる道を探るほうを選んだのでしょう。アメリカのタワーは倒産しましたが、日本のタワーはそれ以前に独立していて、現在はドコモの子会社ですから、この手のネット商売には親会社の意向も反映しているのかもしれません。
まだ今日から利用し始めたばかりなのでデータベースの全容は把握できていませんが、ダウンロードそのものは極めて快適で、アルバム1枚が5分から10分程度でこちらのハードディスクに保存できます。メールやブログや表計算などの作業をしながら、ダウンロードも再生も同時にできますから、パソコン仕事のジャマにはなりません。きょうはいずれは買うつもりだったけれども、予算の都合で後回しになっていたCDばかり10枚以上を保存できました。レンタルのCDやビデオの場合は、一通り借りてしまうと、以後はあまり手を出したいのがなくなってしまうのですが、こちらは分母が膨大な上にまだまだ増加しそうですから、当分はネタ切れにならないでしょう。
レンタルの場合のように、新譜は発売後一定期間はアップしないことになっているのかどうかはまだ不明ですが、どちらかといえば1年以内のものは少ないような感じです。10月25日に出たばかりの、大西ユカリの「『 県警対組織暴力』をもう一度」という曲を聴いてみたかったのですが、残念ながらまだアップされてませんでした。この曲は先日ラジオでチラと聴いただけなのですが「新世界の東映、…監督深作欣二、脚本笠原和夫」というディープな歌詞の変な歌でした。これはもちろん「『いちご白書』をもう一度」を下敷きにしているわけですが、先に説明を聴いてなければラブバラードとはぜんぜん気づかなかったでしょう。放送は途中でフェイドアウトしたので、全曲をちゃんと聴きたいのですが、この1曲だけのために3000円のCDを買う気もしないので、「ナップスター」に期待していたのです。まあ、待っていればいずれそのうちにアップされるでしょう。
大西ユカリはさておいて、この何十年間か、少ない月でも最低1万円はレコードやCDを買い続けてきましたが、ぼちぼちその必要もなくなって来たようです。ちかごろはDVDが安くなってきたので少しは買っているのですが、こちらは本を読みながらとか仕事しながらというわけにいかないので、未視聴盤がたまる一方です。アメリカでは音楽CDの現物とネットのダウンロード販売の比率が8対2くらいなのに対して、日本はまだ9対1くらいらしいですが、どちらの国も急速にネットが伸びているようです。おそらくネットの比率が50%に達する前に、地べたのCD店はばたばたとつぶれるでしょう。そして、CDレンタルの商売もぼちぼち終わりが近いのではないでしょうか。

◎参考図書「『仁義なき戦い』をつくった男たち―深作欣二と笠原和夫

posted by 三月山 at 23:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

いまいちダメな「アマゾン・ショッピングカード」

5000_sample._V62973296_

「文化通信」のメール速報で、Amazon.co.jpがプリペイド・カードを発売したという記事を読んだので、すぐに調べてみましたが、残念ながらマーケット・プレイスでは使用できないとわかったのでちょっとがっかりでした。クレジットカードはネットでも地べたでも使わないようにしてるので(よーするに1枚も持ってない)、マーケット・プレイスで欲しい物を見かけても買えません。プリペイド・カードならクレジット・カード同様に使用できるのではと思って期待したのですが残念でした。イーバンクのネット送金やコンビニ・ATM送金も、ふつうの買い物には使えますがマーケット・プレイスには使えません。アマゾンが発行しアマゾンが管理するプリペイド・カードなのですから、返品の返金処理も簡単なのに、なぜ利用できないのか不思議です。クレジット・カードを持っていても、ネットでは使いたくない人も多く、アマゾンもそれに対応するためにこの新しいシステムを開発したのですから、ぜひマーケット・プレイスにも使えるように機能を拡張していただきたいものです。というわけで、いまのところとくに必要ということはなくなりましたが、イーバンクの送金手続きはわずらわしいので、一度使ってみようと思っています。アマゾンのサイトによれば10月3日からローソンとampmで販売ということでしたが、寺町通二条のampmと御池通麩屋町のローソンでは扱っていませんでした。いまのところ、どちらのコンビニも全店で扱うというわけではないようです。

「グーグル・アマゾン化する社会」

ところで、先月出たばかりの光文社新書「グーグル・アマゾン化する社会(森健・著)」はなかなか面白い本でした。いまのところネットとのつきあい方としては、アマゾンでふつうの本やDVDを買うのはほぼ問題なし、グーグルのサービスのうちGメールは止めておくほうがよさそう、SNSはどうも気色が悪いというのが小生の直感ですが、この本はその感じをある程度裏付けてくれるものでした。

posted by 三月山 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

公衆電話が消えていく

二条通寺町西入る 2006/09/02

ちかごろ街角の公衆電話は減る一方です。「京都新聞2006/08/27」の記事によれば、2005年の公衆電話の通話回数は、1995年に比べて92%もの減少。それに対して公衆電話の台数はほぼ50%の減少とのことですから、赤字になるのも無理はありません。公衆電話には全国一律のサービスが義務づけられている「第1種」と、義務のない「第2種」があり、この10年間に減少した約40万台はすべて「第2種」とのことです。通話回数は今後も回復の見込みはありませんから、「第1種」の設置義務基準を緩和することが検討されつつあるそうで、現在、人口集中地区の「市街地」で500メートル四方に1台なのを、1キロ四方に1台に減らす案が出ているそうです。

公衆電話の減少が気になるのは、いまだに携帯電話を持っていないからです。住まいと店が同じなので通勤時間がゼロのうえ、仕入れや配達に出かけることもちかごろはぜんぜんないので、まったく必要を感じないのです。週に数回散歩に出かけますが、めったに電話をすることもありません。それでもたまに電話しようとすると、公衆電話がなかなか見つからないことが時々あります。公衆電話の所在地図があればよいのですが、ネットで調べたところでは、NTTは公衆電話の所在地を公表していないし、地図業者も基本的には無視しているらしいということがわかりました。どこぞのサイトで公衆電話の所在地のリストを作ってくれないでしょうか?ただし、携帯を持ってない人はインターネットができない率も高いでしょうし、携帯を持ってる人には不要でしょうから、アクセスはほとんど稼げそうにありませんが。とりあえず、うちの店の近所だけ、ひまなときにぼちぼち調べてみようかと思いますが、めんどうなのでたぶん続かないでしょう。

この写真の公衆電話[二条通寺町西入る南側]が、たぶんうちの店に一番近いと思われますが、第1種なのか第2種なのかは、見分け方がわからないので不明です。以前はうちの店の向かいの歩道に電話ボックスがあったのですが、10年以上前に撤去されました。24時間営業のコンビニにピンク電話でもあればよいのですが、どの程度の設置率なのか不明です。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑、雑、雑、… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする