2017年09月06日

編集工房ノアの社主の本「遅れ時計の詩人」

okuretokei.JPEG 
「遅れ時計の詩人 編集工房ノア著者追悼記」涸沢純平 
定価2000円+税 編集工房ノア

編集工房ノアの新刊は涸沢純平社主の本です。副題にあるように、同社から刊行された著者のうちで、お亡くなりになった人々への追悼文などを集めたもので、自社のPR誌「海鳴り」掲載と外部のミニコミ等への寄稿から選ばれています。あとがきによれば、この本は2006年に校正刷りの段階まで行きながら、出版を躊躇されていたものを、そのまま刊行されたのだとのこと。したがって、巻末に附されているわりと詳細な略年史も残念ながら2006年までしかありません。この本がよく売れたら、ぜひ続編を出していただけるとけっこうかと思います。
略年史によると同社は1975年(昭和50年)9月の創業ですから、今年で42年目となります。「海鳴り」も創業の年に創刊されていますから、年刊だったら今年で42号のはずですが、今年の春に出たのは29号でした。ちかごろきっちりと年1冊のペース出ているので、なんとなく年刊だと思っていましたが、途中はけっこう不定期だったようです。
ところで、書影をクリックして拡大していただくと、地方小出版流通センターの川上社長の帯文が読めるはずです。「関西で唯一の文藝専門出版社」とありますが、ほんとに唯一と言い切れるのかどうかやや疑問です。たとえば、京都の青磁社とか大阪の澪標なども文芸書の出版社ではないでしょうか?どちらも地方小出版流通センターの扱いなので、川上氏がご存じないはずはないのですが。

「遅れ時計の詩人」のほか編集工房ノアの本の通販は、三月書房のサイトの「編集工房ノアの本の在庫」のページからどうぞ。今なら「海鳴り29号」残っています。

posted by 三月山 at 10:06| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

「脈94号 特集・沖縄の詩人・思想家 川満信一」

myaku94.jpeg

「脈 94号 特集・沖縄の詩人・思想家 川満信一」比嘉加津夫・編集
 A5判/238頁 定価1300円+税 脈発行所

*目次
 特集 沖縄の詩人・思想家 川満信一
   仁衡琢磨  島尾、川満、奄美に逢う
     ――島尾敏雄生誕100年記念祭参加記
   黒島敏雄  時代の同伴者―古代的な陰影と全人的対応
   仲里 効  1968年沖縄・夏の分れ歌
     ――川満信一と伊礼孝の分水界を巡って
   坂口 博  川満信一の詩――「飛翔」と「風葬」をめぐって
   新城兵一  川満信一論序説―〈時後〉思想としての〈反復帰論〉
   かわかみまさと 母語なき時代の超「骨」の思想家
     ――ヤポネシア論を越えて
   松原敏夫  詩は手套のような―川満信一の詩と思想
   仲程昌徳  「母」なるもの――川満信一の詩
   後多田敦  川満信一をめぐる断想「しまのねあがり」としての川満信一
   伊良波盛男 さとりと無碍の人
   仲宗根将二 川満信一大兄とふるさと宮古
   粟国恭子  呟く川満信一さんへ届ける断章―見えない縁を巡って
   比嘉加津夫 川満信一と島尾敏雄
   川満信一年譜
 俳句 仲本彩泉  記憶は影絵
 詩  仲本 瑩  フロリダの男(他三篇)
    東木武市  若い頃のメモ帳より
 小説 伊良波盛男 ニルヤカナヤ王国
    仲本 瑩  バラードの斧ひかりの檻(全100)(37〜39)
 論考 村上一郎  村上一郎未発表日記と『試行』6(佐伯修 編・註)
           1962(昭和37)年の日記(5)
    松岡祥男  『吉本隆明全集』第37巻に触れて
             吉本隆明さんのこと(13)
    深谷 考  野呂邦暢、風土へのヴィジョン(6)
    金田久璋  「眼の華」とはなにか―島尾敏雄「眼華」補論
    青柳瑞穂  篭川京の「怠けのすすめ」怠けて生きたい私たち(11)
    比嘉加津夫 甲状断録
    安里昌夫  日々の断章(8)
    編集後記
 表紙写真 川満信一氏提供(本文写真含む)
 題字= 比嘉良治 本文カット= ヒガカツオ

正直なところ、川満信一という著者の本を販売したことは皆無ではないはずですが、読んだことはなくてこの号を読むまで、何の知識もありませんでした。現在新本で入手可能らしいき本は共著も含めて3冊で、詩集はすべて品切れまたは私家版のようです。1978年泰流社刊「沖縄・根からの問い―共生への渇望」、1987年海風社刊「沖縄・自立と共生の思想」あたりが代表作のようですが、どちらも古書価はわりと高いようです。、
次号の特集は「火野葦平と沖縄(仮題)」で11月20日刊行予定。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 08:33| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

「飢餓陣営45」「アルテリ04」「鶴見俊輔三の仕事(4)」ほか

149922733019454086179_IMG_1405_20170705130211.JPG 
「飢餓陣営 45号(2017夏)」佐藤幹夫・個人編集 定価1000円+税 
<島成郎 総集号 「一身にして二生を経るがごとし」> 飢餓陣営発行所

季刊誌のはずだったけれど、ちかごろは年に2冊出ればよいほうな「飢餓陣営」の最新号は島成郎の総特集です。主な内容は、島成郎新資料―単行本未収録エッセイ、六〇年安保闘争とブント67・1958〜1960、地域精神医療・1971〜1984 沖縄「玉木・久米島」時代。
「飢餓陣営」の通販は三月書房のサイトの“飢餓陣営発行所の本”の頁からメールでどうぞ。バックナンバーも20点ほど残っています。

6e38ce96556c75e1b228d50f0333abf7-213x300.jpg 「アルテリ4号」1000円+税

「アルテリ4号」が入荷しました。3号は分厚くて1200円でしたが、4号はやや薄くなって1000円に戻りました。この程度の分厚さと定価が手頃なような気がします。(※註。上の画像は表紙ではなく、発行所のサイトからコピペしたチラシです。)主な内容は、姜信子「狂っちまえよと、影が言う」、石牟礼道子「詩(五篇)」、町田康「石牟礼さん訪問記」、伊藤比呂美「1通の手紙」、渡辺京二「 『現車』はどこがすごいか」。この『現車』とは福島次郎の小説で、「前編」は56年ぶりの復刊、後編は雑誌連載の初単行本化。すごい小説だそうですが、恥ずかしながら見落としていて仕入れませんでした。あわてて発注しましたが、入荷は盆明けになるでしょう。『現車 前篇』2400円+税、『現車 後篇』2600円+税。論創社刊。
春に重版された創刊号はまた完売ですが、2号と3号の在庫は少し残っています。
アルテリの通販は三月書房のサイト“他店ではあまり見かけない本”のページからどうぞ。

chousenjin.png

「鶴見俊輔の仕事(4) 雑誌『朝鮮人』とその周辺」1500円+税

この号のゲストは姜在彦、小野誠之、関谷滋。
鶴見俊輔三の仕事は全5冊の予定で「(1)ハンセン病に向きあって」、「(2)兵士の人権を守る活動」、「(3) 編集とはどういう行為か?」とこの(4)が既刊です。
この本の通販は三月書房のサイトの“編集グループ〈SURE〉の本”のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 11:48| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

グレゴリ青山「グレさんぽ」

61jhU+o2QxL.jpg
グレゴリ青山「グレさんぽ 琵琶湖とかインドとか」定価1111円+税 小学館

先月発売の「深ぼり京都さんぽ」に続いて、今月もグレゴリさんの新刊が出ました。この2カ月だけを見れば、まるで東村アキコせんせみたいなペースです。残念ながらまた来月からは吉田秋生センセとか川原泉センセみたいなペースに戻ると思われますが…。

先月の「深ぼり京都さんぽ」は、ネットで無料公開されていましたが、「月刊フラワーズ」とは縁がないので、この本のは読んだことがないのばかりばかりです。じつのところ、うちの店に入荷する漫画雑誌は「アックス」のみなので、「月刊フラワーズ」に限らずほぼすべての雑誌連載漫画は、単行本になるまで読む機会がありませんが…。まだちらとしか読んでいませんが、どれも面白そうです。とくにおまけについている「小ネタ劇場」がいちばん好みなのですが、「小ネタ」ばかりのを年に1冊位のペースで出してもらえないでしょうか。
※三月書房のサイトの「グレゴリ青山の本」のページもごらんください。

posted by 三月山 at 12:07| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

グレゴリ青山「深ぼり京都さんぽ」本日発売

518rLOJvRQL._SX362_BO1,204,203,200_.jpg 
深ぼり京都さんぽ」定価1000円+税 集英社インターナショナル

グレゴリ青山さんの新刊は『京都「トカイナカ」暮らし』以来2年ぶりの京都ものです。宣伝文によれば“「京都人の京都知らず」――それは、生まれ育ったがゆえに京都が身近にありすぎて、その魅力をみすみす見逃している人のことを指す言葉(著者の造語)。”だそうですが、確かにほとんど行ったことのないとこばかりです。もちろん二条城とか東寺とかは行ったことがありますが、観光ではないので別途観覧料のいるエリアには入ったことがありません。その意味では、伏見とか山科ならちょっとした観光気分になりそうなので、機会があれば行ってみたいような気がしないでもありません。とくに、グレゴリさんが3頁も費やして紹介している、山科の「タコ滑り台」には孫を連れて行って滑らせてみたいかも。なお、この巻には、ちかごろよくザコキャラとして登場する、元恵文社堀部君も元ガケ書房山下君も元パルナ書房君も萩君も小生も出てきません。わずかにはんのき中村君が出てくる程度です。そのかわり、新しく職人研究家の米原君が大々的に出てきますが、どういうわけか似顔も口調も本人にちっとも似ていません。堀部君以下はいつも実によく似ているし、今回登場の「ユーゲ」の店主もそっくりなのに、米原君の場合だけどういう脳内変換がおきた結果なのでしょう。それはともかく、グレゴリさんのこの手の漫画は面白い上によく売れるのでうれしい限りです。
なお、8月にもグレゴリさんの新刊が出る予定です。これもスケオタものでなくてなおうれしい。「グレさんぽ ~琵琶湖とかインドとか~ 小学館
※三月書房のサイトの「グレゴリ青山の本」のページもごらんください。

posted by 三月山 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

サワダオサム「小山清論ノート」

「他店では(いまのところ)絶対見かけない本」入荷案内

koyama-kiyoshi.JPEG

サワダオサム「小山清論ノート」
   四六判上製/166頁 定価1500円+税 文芸タイムス社(長岡京市)
 *目次
   はじめに
   第一章 純なものを求めて
   第二章 新聞配達と炭坑夫
   第三章 作家として
   第四章 師を求める心
   第五章 晩年の不幸
   別章  小山清と聖書
   あとがき

あとがきによれば「小山清の新聞屋小説を利用して、私の新聞論に決着をつける」思いで書いたとのことです。なお、いまのところこの本は三月書房でしか販売していないようです。

○その他現在入手可能なサワダ氏の著書
  「独断的上林暁論
  「わが上林暁〜上林暁との対話〜
  「初期作品集」
  「けつまずいてもころんでも−新聞販売労働運動史ノート」
  「新聞の底辺から抗議の声を上げた−京都新聞藤ノ森販売所と池内淑子の闘い」
  「底辺から新聞を撃つ−小説・毎日新聞不正経理事件
これらの本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。

posted by 三月山 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

「脈 93号 特集・鶴見俊輔の世界」

myaku93.jpeg

「脈 93号 特集・鶴見俊輔の世界」比嘉加津夫・編集
 A5判/208頁 定価1200円+税 脈発行所

*目次
 特集 鶴見俊輔の世界
   鶴見俊輔  戦後思想史における根拠地の思想
   矢部 顕  鶴見俊輔講演「戦後思想史における根拠地の思想」解題
          ―米軍輸送機の轟音の下での講演―
   松本輝夫  鶴見俊輔と谷川雁―米国産プラグマティズムと「原点」
         「工作者」の霊妙なる交点
   坂口 博  鶴見俊輔の「サークル雑誌評」
          ―「中央公論」連載の「日本の地下水」―
   内田聖子  村瀬学からまなぶ「鶴見俊輔」
   仁衡琢磨  ことば、鬱病、アナーキズム
   北野辰一  〈井戸と釣瓶〉と二人との出会い ―小田実と鶴見俊輔
   木原滋哉  鶴見俊輔・べ平連・限界政治
  俳句
   仲本彩泉  地誌の迷宮 (10)
  詩
   仲本 瑩  今年の夏の抒情歌
   東木武市  若い頃のメモ帳より
  小説
   伊良波盛男 ドンキホーテ
   比嘉加津夫 処刑された与人 平敷屋朝敏の謎(6)
  論考
   村上一郎  村上一郎の未発表日記と『試行』4(佐伯修編・註)
         ―― 一九六二(昭和三十七)年の日記(4)
   松岡祥男  鶴見俊輔と吉本隆明 吉本隆明さんのこと(13)
   深谷 考  野呂邦暢、風土へのヴィジョン〈5〉
   宮城隆尋  「被災」しない詩語とは 詩から原発を考える(3)
   青柳瑞穂  江戸時代にみる「怠け」 怠けて生きたい私たち(10)
   比嘉加津夫 若杉慧と島尾敏雄
   安里昌夫  日々の断章(7)
   編集後記


鶴見俊輔講演「戦後思想史における根拠地の思想」は1969年3月のもので、1972年に『しゃべる』という機関誌の3号に掲載されましたが、その後、鶴見氏の著作に再録されたかどうかは知りません。
、 次号の特集は「沖縄の思想家 川満信一(仮題)」で2017年8月刊行の予定。 脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

「ぽかん」6号が入荷しました

pokan06.JPEG 「ぽかん」6号 700円 ぽかん編集室

3月末に「まだしばらく出そうにないような感じ」と書いたばかりの「ぽかん」6号が入荷しました。この号には過去3号続いたおまけ冊子はついていません。おまけ好きの方はがっかりかもしれませんが、すっきりしていてこのほうが店頭販売は楽です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*目次
 門司の幼少時代(一)  山田 稔
 夕暮れ、橋上の人  中野もえぎ
 多喜さん漫筆(六)―〈立派〉の談義  外村 彰
 堤防から  岩阪恵子
 父のチェーホフ(三)―1928年、湯浅芳子  扉野良人
 どうぞのほん 能邨陽子
 おっちゃんの晴着―武田豊のこと  澤村潤一郎
 教会通りの人々  秋葉直哉
 W文庫盛衰記  服部 滋
 千代田区猿楽町1― 2― 4( 其の四) 内堀 弘
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山田 稔氏のは9頁分。およそ何回くらい続くのか、この回だけでは不明です。「W文庫盛衰記」のWは33冊(※リストは掲載なし)で途絶した“ウェッジ”文庫のことで、服部氏はその担当編集者だった方です。うちの店にはまだ在庫が20点ほど残っていますが、返品を大量に断裁されたそうなのでお求めはお早めにどうぞ。
この本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。「ぽかん」のバックナンバーは1号以外は揃っています。

posted by 三月山 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

富士正晴・文/うらたじゅん・絵「おばあさんのアルバム」

fujimasaharu22.JPEG 「おばあさんのアルバム」※非売品

富士正晴資料整理報告書 第22週「おばあさんのアルバム」
 茨木市立中央図書館併設 富士正晴記念館

最初にお断りしておきますが、この本は三月書房では販売しておりません。富士正晴記念館で販売されているのかどうかもまったく知りません。
「富士正晴資料整理報告書」の第1集は平成元年発行で「茨木市立図書館蔵 同人雑誌目録」という、いかにも図書館らしい書誌目録でした。その後も多くはその手の資料類でしたが、中には第10集「富士正晴文学アルバム」とか第16集「富士正晴書画目録」などのように写真や図版が多いもの、そして単行本未収録作品を収録した第19集「東京漫遊記」のように、研究者でなくとも楽しめる集もありました。その他のバックナンバーについてはCiNiIに目録がありますので、そちらをご参照ください。
この「おばあさんのアルバム」は1954年に朝日放送のために書いたラジオの台本ですが、うらたじゅん氏が新たに描かれたカラーの挿絵が十数枚添えらています。内容は、日本で暮らす亡命リトアニア人の祖母と孫の話で、鶴見俊輔氏から聞いたのがもとだそうです。この祖母と孫はハンセン病患者として日本で生活し、孫の男性はコンスタンティン・トドロフという筆名で日本語の詩集「ぼくのロシア」を1967年に昭森社から出したことのある人とのこと。そのあたりの詳しいことについては、鶴見氏本人のエッセイに書かれていてるそうです。このような非売品の小冊子のままではもったいないので、どこかの童話系出版社あたりが市販してくれるとよいのですが。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

「アルテリ3号」「もうろく帖 後編」「美しい街」ほか

ae177a06dfcab2db6f5c5d5662a3aa6f-212x300.jpg 「アルテリ3号」1200円+税

「アルテリ3号」が入荷しました。号を重ねるごとに頁数が増え、定価も上がりました。いちおう順調に発展しつつあると言ってよいのでしょう。ただしこれ以上分厚くなって高くなると売れ行きが落ちそうな気がしないでもありません。売り切れていた創刊号も重版分が入荷しました。

161202Heishi.jpg

「もうろく帖 後編」鶴見俊輔 2700円+税
「鶴見俊輔さんの仕事(2) 兵士の人権を守る活動」1500円+税
編集グループ〈SURE〉の新刊が2冊入荷しています。「もうろく帖」は先に「1」が出ていたので、今度は当然「2」だと思ってましたが、なぜか「後編」となってます。「前編」なしの「後編」だと、近い将来、幻の「前編」を求める人が無駄な努力をすることになることでしょう。なお、遺されたノートは22帖あり、1冊目は「1」にて丸ごと翻刻、「後編」は残りの21冊から選ばれたものだそうです。表紙をスキャンしようと思いましたが、うちの安物の機械では真っ黒にしか見えないのでやめました。
「鶴見俊輔さんの仕事」は(1)の「ハンセン病に向きあって」が既刊で、(3)以降は続刊の予定です。

f75da064a0cb6e28ab0455ff9f7f5c7e-n40m5g2ibbogprh9l5muazt43opcgzh47ire1mwzuw.png
「美しい街」尾形亀之助・詩/松本俊介・画 定価1600円+税

夏葉社のサイトからコピペした宣伝文の一部によれば「『美しい街』では尾形亀之助の初期から晩年まで 全作品のなかから55の詩を選んでいます。作品の合間々々には、同じ時代に活躍した夭折の画家、松本竣介のデッサンが入ります。」とのことです。どなたが選したかは記されていませんが、おそらく発行者自身の編なのでしょう。松本俊介の絵もよいし、装幀造本もよく、定価もさほど高くないので、長く売れそうな感じです。

アルテリ、SURE、夏葉社の本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまり見かけない本”のページからどうぞ。

posted by 三月山 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

「脈 92号 特集・島尾敏雄生誕100年・ミホ没後10年」

myaku92.jpeg
 「脈 92号 特集・島尾敏雄生誕100年・ミホ没後10年」
  比嘉加津夫・編集 A5判/208頁  定価1200円+税  脈発行所

*目次
   特集  島尾敏雄生誕100年・ミホ没後10年
   島尾伸三  おかあさんの謎
   前田速夫  死を生きた二人
   松本輝夫  『死の棘』煉獄からヤポネシア論への恩寵的大反転
    ――日本(列島)の「イメージから先に変れ」の先駆者・島尾敏雄
   坂口 博  『死の棘』再読のための覚書
   内田聖子  刹那の一瞥 ―島尾敏雄
   北野辰一  文体のことから、主題と変奏
    ――島尾敏雄の戦争小説をめぐって
   仁衡琢磨  加那 島尾ミホ―奄美を持続低音(オルゲルプンクト)
    として生きた人―
   志村有弘  大泉黒石と島尾敏雄の〈放浪〉とミホの〈旅〉
   岩谷征捷  いまだに読み終わらない小説――『死の棘』断簡
   吉村弥依子 島尾敏雄 甦る幻の日記
   佐藤幹夫  島尾敏雄の戦争小説と「戦後七〇年以後」
    ――三部作(『出孤島紀』『魚雷艇学生』『震洋発進』)を中心に
   石井洋詩  病院記「或る精神病者」「狂者のまなび」「転送」
     に通底するもの――画一の共同の治療〉への疑念――
   中尾 務  島尾敏雄、再会した富士正晴に
         「小説ノタネニハ苦労シマセンワ」
   金田久璋  「眼華」小論―島尾敏雄「唐草」の視覚表現
   金田久璋  旅芸人とマレビトの受容―島尾ミホの先天的感性
   松島 浄  『死の棘』再論―『狂うひと』を読んでー
   阿久津斎木 島尾ミホ
   安里英子  島尾ミホの聖なる闇
  俳句 仲本彩泉   地誌の迷宮 9 
  詩  波平幸有   金木犀(他1篇)
     仲本 瑩   旅人死す
     西銘郁和   さとうきびを植えた日(他1篇)
     東木武市   若い頃のメモ帳より
  小説 伊良波盛男  上海の愛漣をさがしています
     仲本 瑩   バラードの斧ひかりの檻?
  論考 松岡祥男   『成吉思汗ニュース』の松岡俊吉
            吉本隆明さんのこと(12)
     青柳瑞穂   日本の勤勉思想 怠けて生きたい私たち(9)
  編集後記
  表紙(島尾敏雄とミホ)撮影者不明

島尾伸三氏の「おかあさんの謎」がすごかった。もともと島尾は苦手でほとんど読んだことがないけれど、これを読んでますます読む気がなくなった。
次号の特集は「鶴見俊輔の世界(仮題)」で2017年5月刊行の予定。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

「加藤一雄の小説」近刊予告からついに10年越え

2017.JPEG 「浄土の御構8 第5の季節」用美社2017

「加藤一雄の小説」はついに最初の予告から10年たちましたが、いまのところ出そうな気配はありません。今年も岡田満氏の写真・デザインによる、きれいなカレンダーをいただきましたが、「加藤一雄の小説」についての情報は同封されていませんでした。というか、例年なら同封されていることが多かった、出版案内のチラシ類も一切ありませんでした。
あいかわらず、用美社のネット情報はきわめて少なく、不確かではありますが、検索できた限りでは2016年に新刊は何もなかったようです。ひょっとしたら、ふつうに流通していない出版物があったかもしれませんが、全国の書店で販売された本は、一昨年刊行の「葉山佳曲」が最後のようです。
昨春に近刊予告があった、長友啓典「装幀を読む」、「原節子の時代」、「横須賀夜想」の3冊はおそらく遅れているのでしょう。当店の「加藤一雄の小説」の予約者リストはいちおう保存してありますが、はたして、皆様お変わりないのかどうかやや不安です。今年の1月に12冊目が出た「吉本隆明全集」は、このわずか3年間に全巻ご予約者が3名も他界されました。こちらは読者の平均年齢が推定67歳ですが、加藤一雄のご予約者の平均年齢は不明とはいえ、確実に10歳は加齢されているわけですし。待ちくたびれた方はいつでもキャンセルを受け付けますのでご遠慮なくどうぞ。

 ○「いまだ『加藤一雄の小説』が出るような気配はないような…」2016年01月24日
○「今年こそ『加藤一雄の小説』が出るかどうかはまったくわかりません」2015年01月18日
○「『加藤一雄の小説』はどうなったのでしょう?」2014年03月02日
 ○「『加藤一雄の小説』3月発売予定!「限定版」も刊行予定!!」2013年02月18日
2012年02月04日「『加藤一雄の小説』は今年も出ないかも」
 ○2011年01月18日「『加藤一雄の小説』は今年も「近刊」のまま」
 ○2009年08月25日「『加藤一雄の小説』は年内にでるかも?」
 ○2009年02月09日「こんどこそ出る?「加藤一雄の小説」
 ○2007年11月17日「ついに出る?『加藤一雄の小説』」
 ○2006年10月26日「『加藤一雄の小説』近刊のお知らせ」

posted by 三月山 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

「アナキズム・カレンダー2017」

3146.jpg
「アナキズム・カレンダー2017 石川三四郎とルクリュ」
A4横サイズ/28頁/価格1200円(税込) アナキズム文献センター 編集・発行

12月27日に入荷した昨年よりはうんと早めに「アナキズム・カレンダー2017」が入荷しました。スタイルはここ数年のと同じで一月分が2頁、開くと上部が記事、下部がカレンダーとなってます。表記は例によって曜日はエスペラント表記で月曜始まりです。
特集は「石川三四郎とルクリュ〜共学社設立から90年〜」。発行所のサイトによれば、“大逆事件後、日本を脱出してブリュッセルのルクリュ家に身を寄せた石川三四郎は、その後、フランスに移った一家とともに百姓生活を送りますが、この生活が石川の思想を深化させました。8年あまりの亡命生活を経て、日本に帰国した第一声が「土民生活(デモクラシー)」。日本での土民生活の実践を求めて、ようやく見つけた東京郊外・千歳村(現世田谷区)の土地に「共学社」と看板を掲げたのが1927年、今から90年前のこと”だそうです。
41TCYfkmm8L._SX343_BO1,204,203,200_.jpg
ついでながら、2013年に書肆心水から石川三四郎の「アナキスト地人論 エリゼ・ルクリュの思想と生涯」が刊行されています。この本には、ルクリュ著「地人論」の石川訳の抄録と、石川著「エリゼ・ルクリュヨ−思想と生涯−」が収録されています。定価3600円+税。なお、「地人論」の元版は1930年の春秋社刊で、黒色戦線社の「石川三四郎選集」第6巻に復刻収録されていましたが、現在は品切れです。
このカレンダーの送料は100円、2014年のカレンダー「ギロチン社事件」、2015年の「山鹿泰治」、2016年の「スペイン革命80周年」も少し残っています。これらも税込み1200円、送料は2冊でも4冊でも100円です。お申し込みは三月書房のサイトの「南天堂関係者の本」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

耽美探究誌「薔薇窗」27号入荷

bara27.jpg 耽美探究誌「薔薇窗」27号

耽美探究誌「薔薇窗27号」(2016年9月発行) 書肆菫礼荘
  A5判/100頁/限定100部 頒価1300円
*内容
 ボーイフレンド(写真)/石川貴一
 取景鏡<カメラ・オブスキュラ>/歌 結崎 剛・文 石川貴一
 無のまわりを周る死と美 ―冥王星を巡る妄言(随想)/結崎 剛
 集合表象「ホモ」の誕生/石田 仁
 毒蛇青(小説)/石川貴一
 北京客死<ぺきんにしす>(小説)/石川貴一

この雑誌の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。バックナンバーもごく少し残っています。

2016年09月01日の記事“「薔薇窗」旧号 『アドニス』総目次と解題掲載号”
●2016年01月22日の記事“耽美探究誌「薔薇窗」の販売開始”

posted by 三月山 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

発売即完売。「脈 91号 特集・森崎和江の歩み」

myaku91.JPEG「脈 91号 特集・森崎和江の歩み」
  比嘉加津夫・編集 A5判/204頁  定価1200円+税  脈発行所

*目次
   特集  森崎和江の歩み
    内田聖子・小川哲生 対談/『森崎和江』刊行後に見えてきたこと
    松本輝夫 森崎和江と谷川雁〜
        この女・男関係はイザナミ・イザナキ再来の如く物語的だ
    坂口 博 『闘いとエロス』を読み解くために
    新城兵一 森崎和江論〜出離と漂着
    仁衡琢磨 いのち、生きる実感〜森崎和江をきっかけに考えたこと
    木原滋哉 植民地以後を生きる:植民二世としての森崎和江
    茶園梨加 森崎和江『第三の性―はるかなるエロス』にみる対話の可能性
    中内伝四男 森崎和江にノーベル文学賞を、作品は世界記憶遺産に!
    杉井倫子 厳しき模索の道
    坂井裕子 出会いの旅―内田聖子『森崎和江』に触発されて
    大畑 凛 「わが」の思想について〜森崎和江と沖縄をめぐる覚書
    
   俳句 仲本彩泉 地誌の迷宮 (8)
   詩  波平幸有 海鳴り(他一篇)
      仲本 瑩 旅支度 (他二篇)
      東木武市 若い頃のメモ帳より
   小説 伊良波盛男 残光
      仲本 瑩 バラードの斧ひかりの檻(28〜31)
      比嘉加津夫 執着する 平敷屋朝敏の謎(5)
   論考 松岡祥男 吉本隆明さんのこと(11)
      深谷 考 野呂邦暢、風土へのヴィジョン
      崎原恒新 沖縄地方文学史(17)
      梓澤 登 遠くまで行くんだ〜空白期に出会った定時制「存在」空間

   村上一郎 未発表日記と『試行』4 (佐伯修 編・註)
            〜一九六二(昭和三十七)年の日記(3)
   編集後記
   表紙(森崎和江)撮影・仲尾等(提供・坂口博)


毎号お知らせしているのでこの号も記録のためにアップしておきますが、現物は発売3日で完売となりました。発行所にも残っていません。発行部数は350だったそうですが、これでも通常号よりは多い目だったようで、この売れ足はちょっと予想外だったそうです。
「村上一郎の未発表日記」の第4回は、1962年の5月1日〜5月31日で『試行』の第4号発売中で第5号編集中の時期。梓澤登の「遠くまで行くんだ」は新木正人の遺稿集「天使の誘惑」の書評です。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

鶴見俊輔「敗北力」、「森元暢之作品集2」

haibokuryoku.JPEG 鶴見俊輔「敗北力」 2200円+税 編集グループSURE

この本は今日入荷したばかりですが、実際には10月10日頃の刊行でした(奥付けは10月19日)。出てるはずなのに入荷しないので10月12日に問い合わせたら、「ただいま直販分の発送中ですので、もう数日お待ち下さい。」とのことでしたが、結局3週間以上待たされました。よほどたくさん直販の予約があったのでしょうから、景気のよい話でけっこうなことではありますが…。
この本の内容は、未発表詩稿5篇、著者自編Later Works 23篇(内一編は書き下ろしの“はじめに”)、自著未収録稿12篇で、加藤典洋氏の解説を含めて全255頁の四六判上製本です。
通販送料等120円。編集グループSUREの本の通販は三月書房のサイトの「編集グループSUREの本」のページからどうぞ。

morimoto2.JPEG「森元暢之作品集2」定価1500円+税 湯気カンパニー

関西ローカル発で、いしいひさいち、中島らも、ひさうちみちおの系譜に連なる作家だけれども、彼らほどには活躍していない森元暢之の新刊が入荷しました。湯気カンパニーというまったく知らない版元でしたが、トランスビューが扱ってくれるようになったので、2014年に出ていた「森元暢之作品集1」も仕入れることができました。「『ぴあ』の時代」の1と2となっていて、それぞれ『ぴあ』関西版に1992年〜1995年と1995年〜1997年掲載の各50篇強が収録されています。通販のお申し込みは三月書房のサイトの「他店ではあまり見かけない本」のページからメールでどうぞ。通販送料等100円です。

posted by 三月山 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

エディション・イレーヌとグレゴリ青山の新刊

エディション・イレーヌの新刊3点

161010_02.jpg
 「あの日々のすべてを想い起こせ アンドレ・ブルトン最後の夏」
   ラドヴァン・イヴシック著/松本完治 訳 定価2500円+税
161010_03.jpg
 「換気口」 アニー・ル・ブラン著/前之園望 訳 定価定価2500円+税
161010_04.jpg
 「等角投像」アンドレ・ブルトン著/松本完治 編/鈴木和彦・松本完治 訳

従来はどちらかといえばほそぼそとした出版活動をされていたエディション・イレーヌが、一挙に3冊もまとめて刊行するという快挙を達成しました。アンドレ・ブルトン没後50年記念出版シリーズの2〜4ですが、1の「太陽王アンドレ・ブルトン」は今年の4月に刊行済みで、これはうちの店でもわりとよく売れています。内容や装幀についての詳細は発行所のサイトでお確かめください。この本の通販は三月書房のサイトの「エディション・イレーヌの本」の頁からメールでどうぞ。

517gGMvTGCL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg
 「スケオタデイズ 飛び出せ!海外遠征編」定価1000円+税 メディアファクトリー

グレゴリ青山さんの新刊は残念ながら、うちではいまいち人気のないスケート物です。昨年5月に出た『京都「トカイナカ」暮らし』は100冊超という好成績ですが、同じく1月に出た「スケオタデイズ」の1冊目は20冊ほどしか売れていません。それでも、うちの店としてはよく売れてる方ではありますが…。個人的に、フィギュア・スケートにはまったく興味がないので、ほとんどツッコミのないぬる〜い漫画にしか思えなくて、面白かったのは初観戦したヨコチンさんが、男子選手の出番になったらトイレに行ったというネタくらいのものでした。とはいえ、小生でも知っている織田信成氏の推薦帯が附いてるぐらいなので、フィギュア・スケート業界では評判がよいのでしょう。さいわいなことに次の刊行予定は、京都の古本屋ほかを“どうでもいいこだわり”でネタにしたコミックエッセイらしいので、本屋としても読者としても楽しみにしています。
※三月書房のサイトの「グレゴリ青山の本」のページもごらんください。

posted by 三月山 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

「薔薇窗」旧号 『アドニス』総目次と解題掲載号

bara12.jpg bara16.jpg

三島由紀夫や中井英夫が変名で執筆していたという、昭和27年創刊の会員制地下雑誌『ADONIS アドニス』の総目次(峰あやを編)と解題(山中剛史)が掲載されている「耽美文藝誌 薔薇窗」のバックナンバーがごく少し入荷しました。12号、14号、15号、16号の4回に分載されていますが、どの号も限定100部ですべて在庫僅少ですからお早めにどうぞ。なお、『アドニス』は昭和37年の春の63号を最後に消えたそうです。ほかに『APOLLO』という別冊なども出ていたようですが、そちらの総目次は掲載されていません。
この雑誌の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。

●2016年01月22日の記事“耽美探究誌「薔薇窗」の販売開始”

posted by 三月山 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

「アルテリ」002号 入荷しました

aruteri002.jpg(※この画像はホホホ座さんのサイトから無断でいただきました) 

「アルテリ」002号(年2回刊行予定)
  A5判/188頁/オールカラー 定価1000円+税 アルテリ編集室

 *目次の一部
   石牟礼道子のコトバ
   避難所  坂口恭平
   旅をするいくつもの理由  新井敏記
   虚無と向き合う  渡辺京二 
   完成に向かって。詩経試訳  伊藤比呂美
   お別れ会  吉本由美
   黒曜石  平松洋子
   ひとりということ 江上茂雄さんに
   石牟礼道子の歌(2)  浪床敬子
   カナタバル奇譚(二)  高山文彦
   霧島に行ったときの日記(十九歳)  石牟礼道子
   ほか

創刊号は予想以上によく売れましたが、2号の予約状況はあまりよくありません。これから売れるとよいのですが。前号よりも50頁も増えたのに、100円しか値上がりしていないので、なかなかお買い得です。
この雑誌の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。通販送料等は1冊100円です。創刊号も数冊残ってます。

posted by 三月山 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

「脈 90号 特集・吉本隆明の『全南島論』」

myaku90.JPEG

「脈 90号 特集・吉本隆明の『全南島論』」
  比嘉加津夫・編集 A5判/206頁  定価1200円+税  脈発行所

*目次
   特集  吉本隆明の『全南島論』
   佐藤幹夫   いま、「南島論」をどう読むか
   宮城正勝   『全南島論』の「まえがき」を読む
   松島 浄   色の重層
   北野辰一   デイゴの花影の未完の体系へ
   神山睦美   吉本思想を接ぎ木するために
   松原敏夫   断片的吉本隆明ノート
   田中眞人   魂のデォゴニア―吉本隆明の『全南島論』を読んで
   比嘉加津夫  沖縄の意味―吉本隆明の「南島論」から

日記 村上一郎 村上一郎未発表日記と『試行』(3)(編・註=佐伯修)
   解題 佐伯修 「村上一郎の未発表日記」(1)(2)につき―訂正と補足いくつか
俳句 仲本彩泉 地誌の迷宮 7
  詩  波平幸有 お前もやっと楽になったろう(他一篇)
     仲本 瑩 ハブの道(他一篇)
  小説 伊良波盛男 オオダコ
     仲本 瑩 バラードの斧ひかりの檻(25〜27)
     杼該至矢 医療現場の実態
  論考 深谷 考 野呂邦暢、風土へのヴィジョン(3)
     青柳瑞穂 怠けて生きたいわたしたち(八)―イギリスの「アイドラー」
     松岡祥男 吉本隆明さんのこと(10)「『アジア的ということ』をめぐって」
     崎原恒新 沖縄地方文学史(17)
  編集後記
  表紙(吉本隆明)絵=西田高明 題字=比嘉良治 本文カット=ヒガカツオ

5月に2冊同時刊行の88号と89号は、毎日新聞の書評の影響もあったらしく、瞬く間に完売しました。この号は少し多い目に製作されたようですが、それでも数百部程度のはずなのでお早めにどうぞ。「村上一郎の未発表日記」の第3回は、1962年の2月20日〜4月30日で『試行』の第4号発売まで。この日記の連載は、村上一郎が『試行』の同人だった10号(1964年2月)発行のあたりまで続くのでしょう。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする