2008年02月19日

ゼスト御池に「ファミリーマート」が開店

<天に唾する>京都の書店のうわさ 番外編12

「ファミリーマートゼスト御池店」2008/02/19 「ファミリーマートゼスト御池サテライト店」2008/02/19

京都市の第3セクター地下商店街「ゼスト御池」は、今年で開業11年目ですが、あいかわらずどうしようもなく不景気なままです。客足は途絶えても、空き店舗の発生は止まることがありません。空き店舗に新しく入る奇特なテナントは、どこかに何か義理があってことわれなかったのか、はなから損失を最小限に抑えること以外考慮していないような店ばかりで、短期間の奉仕をすませたらさっさと出てしまう、というような感じです。しかし、ついに、久々に全国ブランドの超有名店が出店しました。といってもコンビニですが、それも一挙に2店が同時にオープンしました。「ファミリーマート ゼスト御池店」とその「サテライト店」です。
メインの店(上の写真左側)は20坪強で、品揃えはごく標準的な小型のコンビニです(酒類あり)。サテライト店(写真右側)のほうは、改札口直近で、元インフォメーション・カウンターだった場所です。インフォメーション・カウンターは、開業当時こそ揃いのユニフォームのお姉さんたちが数人待機してましたが、やがてリストラされたらしく、近年はほぼ開店休業状態でしたから、これは有効利用といえるでしょう。売場は数坪しかなく、品揃えは新聞・週刊誌・パンとおにぎり・飲料水・たばこ程度と、駅売店のようなものです。この2店の距離は50メートルほどですが、どちらもこの商店街では比較的人通りの多い場所なので(といってもようするにほとんど地下鉄の地下通路としてですが)、それなりに繁盛するのではないでしょうか。とはいえ、ゼスト御池の直営らしいので、あまりあてにはなりません
いいかげんな記憶ですが、10年前の開業当時は、コンビニは想定外だったはずです。しかし、今となってはむしろ遅かったくらいでしょう。いまさら気取っていても仕方ないので、大阪駅前第1〜4ビル地下のように、サラ金もパチンコもチケットショップも立ち飲み屋も、なんでもありにしてしまえば、少しは赤字が減るかもしれません。

posted by 三月山 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の書店のうわさ 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック