2007年10月07日

「信長書店四条河原町店」

<天に唾する>京都の書店のうわさ 別冊045

「信長書店四条河原町店」2007/10/02

「信長書店四条河原町店」は河原町ではなく、寺町通四条下ルの綾小路角にあります。このあたりは、秋葉原や日本橋をうんと狭くした電気店街ですが、京都駅前ほか市内各所に「ヤマダ」「ヨドバシ」「ビック」などの大型店が次々にオープンしたため、見る影もないほど寂れつつあります。秋葉原や日本橋では「オタク」や「萌え」関係の店が繁盛しているそうですが、こちらではあまりそちらの方向への発展はないようです。「信長書店」のオープンは2002年秋で、いよいよ寺町もオタクの街になるという先駆けかとちょっと期待しましたが、あまり後に続く店が集まらなかったためか、いまいち好調とは見えません。開店当時は4階まであった売り場が、現在は3階までになっています。もともと少なかった一般書や雑誌もほとんどなくなり、書籍関係ではコミックのほかはライトノベルなどの文庫本がある程度です。これはこの店に限ったことではありませんが、PC関係の本や雑誌もかなり少なくなっています。その他のアニメやエロゲーやフィギュアや同人誌関係はぜんぜん詳しくないので、品揃えの傾向や質や量についてはなんとも判断できかねます。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の書店のうわさ 別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ?4Fまで売場ありませんか?
Posted by 匿名希望 at 2007年12月18日 12:16
昨日行きましたが4階までありましたよ。
Posted by 通りすがりの元寺町住民 at 2008年05月19日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック