2020年02月17日

三月書房販売速報[号外] 朝日新聞の記事について

三月書房販売速報[号外]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2020/02/17[-…-…]  (c)SISIDO,Tatuo    *転送歓迎* 
     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 号外
      ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

[#00] 朝日新聞の記事について

今朝の朝刊の地方版に「京都の名物書店、三月書房が閉店へ」という記事が
載りました。
  (※朝日新聞デジタル版に転載あり
   asahi0217.jpg
昨秋発行したこのメルマガの131号にも「ごくゆるゆると、そう遠くはなさ
そうな、閉店に向けて、まことにのんびりと作業を進めているのですが…」
と記しておいたので、購読者の皆様には初耳ではなかったはずですが、ご存
じなかった方は少しおどろかれたようです。

この記事は昨日取材を受けたものですが、記事に大きな間違いはありません。
しかし、「5月の連休明けにも店頭販売を終える。」とあるのは困ったことで、
記者の方には、早ければ5月の連休明けにもと話しただけでした。具体的な日
取りは決定していませんし、発表する気もありません。
とにかく、こんな記事が出てしまったので、これを<誤報>にするためにも、
5月の連休明けには閉店しないでしょう。なんだ、閉めると聞いてたのにまだ
やってるのかと、お客が飽きてきた頃合いをみて、ある朝、店を開けずに
「週休七日」の掲示を貼るつもりです。

閉店にあたって絶対に避けたいのは、事前に閉店日を周知して、廃線になる
ローカル鉄道の最終列車のようなお別れイベントにされてしまうことです。
失礼ながら神戸の海文堂さんのときのような目には会いたくありません。

閉店する理由は、記事にもある通り、店主高齢、後継者不在が最大の理由で
す。うちの店は借金ゼロ、人件費ゼロ、店賃ゼロ、経費極少で、わずかなが
らも黒字を維持しています。したがって、経営不振で廃業するわけではあり
ません。(※以下略)

続きは三月書房のサイトの「販売速報(仮題)」のページでお読みください。

    
posted by 三月山 at 11:43| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。