2019年11月01日

「アナキズム・カレンダー2020」

preview_01_表紙_01.jpg
A4横サイズ/28頁/価格1200円(税込) アナキズム文献センター 編集・発行

今年はいまだかってなかった早い時期に「アナキズム・カレンダー2020」が入荷しました。年末までに丸二月も販売期間があるのは初めてです。よくは知りませんがジャニーズとかのカレンダー類と比べても、さほど遅れをとっていないでしょう。スタイルはここ数年のと同じで一月分が2頁、開くと上部が記事、下部がカレンダーとなってます。表記は例によって曜日はエスペラント表記で月曜始まりです。
特集は「エマ・ゴールドマン1869-1940」。発行所のサイトによれば、“エマの多彩の活動が伝わるよう、生涯の同志であるアレクサンダー・バークマン、幸徳秋水らが処刑された大逆事件に対する日本政府への抗議や救済を世界に呼びかけた雑誌『マザーアース(母なる大地)』、日本でもっとも強くエマに思想的な影響を受けた伊藤野枝訳の文章、「平民新聞」でのエマ自伝の連載時のイラストなどを紹介。”とのこと。
このカレンダーの送料は180円、2015年の「山鹿泰治」も少し残っています。こちらも税込み1200円、お申し込みは三月書房のサイトの「南天堂関係者の本」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 11:05| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。