2019年10月08日

三月書房販売速報[131]発行のお知らせ


三月書房販売速報[131]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2019/10/08[21-02-131]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 131号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#00] すこーし在庫が減りつつあるかな…
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] <山田稔>本の売上
[#04] 短歌本の売上げ(TOP8) 2018/06〜2019/05
   1位 22冊 「(歌集)六六魚」小島ゆかり 本阿弥書店
   2位 12冊 「(歌集)ランプの精」栗木京子 現代短歌社
   3位  9冊 「(歌集)海蛇と珊瑚」薮内亮輔 角川書店
[#05] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その93)
    ○「開風社 待賢ブックセンター」が3月29日に開店
    ○「恵文社バンビオ店」が2月11日に閉店”
    ○「喜久屋書店漫画館京都店」も2月11日に閉店
    ○「文教堂JQストア京都店」は5月26日に閉店
    ○「大垣書店北大路店が10月12日に閉店
[#06] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社
    ○白地社、創言社、青蛙房、ほか
[#05] etc.… 
    ○新聞社が軽減税率に固執したのは架空売上に対する消費税負担が…
    ○新刊見本と献本には「見本」の赤スタンプを押印したらよいのでは

========================================================================

ST201813897.jpg「六六魚」小島ゆかり 本阿弥書店

うちの店では、いわゆる文芸書はたいして売れませんが、ここ20年近く例外的に売れ続けているのが、編集工房ノアが刊行している山田稔氏の本です。うちの場合、文芸書は以前なら5冊、いまなら3冊も売れれば上等ですが、ノアの山田本の売れ行きは桁が違います。例えば2015年7月刊の「天野さんの傘」(2000円+税)は117冊、2018年6月刊の「こないだ」(2000円+税)は74冊も売れています。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。もちろん無料です。

posted by 三月山 at 10:06| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。