2018年11月25日

「ぽかん」8号、「APIED・32 寺山修司」

pokan8.JPG 「ぽかん」8号

 本文80頁/定価700円+税 編集・真治彩/発行・ぽかん編集室
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*目次
〈エスさま、わたくしたちを‥‥〉―「門司の幼少時代」(3)  山田稔
初恋について   石橋正孝
水ギョーザ  岩阪恵子
ライク・ イエスタデイ   能邨陽子
フルサトヲ取リ廻ル色―高祖保と牛窓の海  澤村潤一郎
父のチェーホフ( 四)―1928年、湯浅芳子  扉野良人
多喜さん漫筆(七)―郷玩と俳句  外村 彰
六さんのこと  内堀弘
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この号も前号同様おまけ冊子はついていません。これで3号続けておまけ無しで判型も同じなので、この形で定着するのでしょうか?この雑誌は1号と2号はA5判横開き無線綴じ、3号から5号は本体は6号以降と同型の中綴じですがA4判の附録ありとスタイルが一定していません。おまけ好きの方にはよいかもしれませんが、販売する方としてはごちゃごちゃしていて陳列しにくくてめんどうでした。この号の山田 稔氏のは8頁分。信愛幼稚園というキリスト教のに通園されていたそうです。京都の河原町御池にカソリック教会があり同名の幼稚園が附属していますが、門司のはYMCA附属らしいのでプロテスタント系ででしょう。内堀弘氏の「六さんのこと」の六さんとは晶文社の編集者などしていた故中川六平氏のことです。
この本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。「ぽかん」のバックナンバーは1号以外は揃っています。

032.jpg 「APIED・32 寺山修司」

本文90頁/定価700円+税 編集・金城静恵/発行・アピエ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
32号の特集は寺山修司。発行所がうっかりしていて入荷しなかった31号も同時入荷しました。特集は小説と食事。この雑誌のえらいところは創刊から15年以上になるのに、装幀も編集方針もまったく変わらないことです。これならバックナンバーも揃えて陳列しやすくてけっこうです。バックナンバーは半分ほど完売ですが、仕入れ可能なのはすべて在庫しているはず。通販のお申し込みは三月書房のサイトの「アピエの本の在庫」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 09:12| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。