2018年11月15日

「脈 99号 今氏乙治/上間常道」

myaku99.JPG

「脈 99号 今氏乙治作品アンソロジー/名編集者・上間常道さん追悼」
比嘉加津夫・編集  A5判/218頁 定価1300円+税 脈発行所

*目次
  特集  今氏乙治作品アンソロジー
   今氏乙治アンソロジー
   宿沢あぐり  解題 今氏乙治のことなど
   兼子利光   今氏乙治―「四人組」とカツ丼
   服部和美   今氏乙治先生と吉本さんのこと
   仲本 瑩   今氏乙治とオト先生
   松島 淨   今氏乙治ノート
   松岡祥男   「エイリアンの手記と詩」について
            ―吉本隆明さんのこと(19)
   今氏乙治年譜
  特集  名編集者・上間常道さん追悼
   上間常道  私は沖縄を生きた
   上間常道  「新沖縄文学」と「沖縄大百科事典」のこと
   新川 明  上間常道―「人と足跡」瞥見
   川満信一  上間常道追悼―惜しまれる知性の損失
   橘川俊忠  「そりゃあ大変だったよ」―上間常道さんを追悼する
   松本輝夫  一期一会の大学同級生、上間常道を偲んで
           ―「沖縄自立」の初志遂行に命を賭けた編集者
   仲里 効  この「在所」を越えて―極私的に、存在了解的に
   天久 斉  上間さんの思い出
   高良 勉  生き様で―上間常道氏追悼
   矢代俊三  上間常道さん追想
            ―雑誌『現代の理論』から自己を問い、沖縄へ
   間宮幹彦  ご依頼について―比嘉加津夫さんへ
  俳句 仲本彩泉 カウントダウン99
  詩  仲本 瑩   海嘯(6〜7)
  小説 東木武市   島の西郷どん(3)
     仲本 瑩   バラードの斧ひかりの檻(53〜54)
     伊良波盛男  夢物語
     比嘉加津夫  秋成のこと 平敷屋朝敏の謎(10)
     杼該 至矢  密室(4)
  論考 村上一郎   村上一郎未発表日記と『試行』XI
             ―1963(昭和38)年の日記[2](佐伯修 編・註)
     青柳瑞穂   キーツとトムソンの「怠惰」な詩(後篇)
             怠けて生きたい私たち(16)
  編集後記
  表紙写真=上間常道(提供・上間かな子)
  題字= 比嘉良治 本文カット= ヒガカツオ

今氏乙治(いまうじ おとじ)は1902年深川の生まれで早稲田大学文学部卒。深川にて小中学生相手の私塾を開き、吉本隆明、北村太郎らを指導。1945年3月11日の東京大空襲にて行方不明。第一早稲田高等学院在学中から同人誌等に詩や小説を発表。これらは宿沢あぐり氏が私家版にて、2004年に『今氏乙治作品抄』、2008に『新編 今氏乙治作品抄(2分冊)』としてまとめられましたが、どちらも現在は絶版です。今回のアンソロジーには20篇ほどが再録されています。
上間常道(うえま つねみち)は1943年大阪生まれで東大文学部卒。河出書房等を経て沖縄タイムスに入社し「新沖縄文学」「沖縄大百科事典」等の編集・出版に従事。退社後は2006年に出版舎Mugenを立ち上げ、同社サイトによると現在までに36点刊行。2018年8月死去。この号には本人の文章と講演が転載されているほか、友人等による追悼文が掲載されています。

「脈」次号の特集は「上野英信と筑豊・沖縄(仮)」で2019年2月刊行予定
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 23:33| 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする