2018年10月01日

「やちまたの人 編集工房ノア著者追悼記続」

karasawa2.JPEG 
「やちまたの人 編集工房ノア著者追悼記続」涸沢純平 
定価2000円+税 編集工房ノア

昨年秋に出た涸沢純平社主の「遅れ時計の詩人 編集工房ノア著者追悼記」はたいへんよく売れましたが、待望の続巻が刊行されました。この巻には、足立巻一、川崎彰彦、塔和子、杉山平一、鶴見俊輔、東秀三、三輪正道らへの追想などが収録されています。前巻に続いて巻末に附されているわりと詳細な略年史は2006年7月から2018年10月1日まで。数年後には追悼記の続々と略年史の続きを刊行していただきたいものです。なお、この巻の帯文は山田稔氏が書いておられますが、上記の書影をクリックして拡大していただくと読めるはずです。

「やちまたの人 編集工房ノア著者追悼記続」のほか編集工房ノアの本の通販は、三月書房のサイトの「編集工房ノアの本の在庫」のページからどうぞ。今なら「海鳴り30号」が残っています。

posted by 三月山 at 13:52| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。