2018年05月14日

「脈 97号 沖縄を生きた島成郎」

myaku97.BMP

「脈 97号 沖縄を生きた島成郎」比嘉加津夫・編集
 A5判/213頁 定価1300円+税 脈発行所

*目次
  特集 沖縄を生きた島成郎
    河谷史夫  島成郎という人
    内田聖子  佐藤幹夫『評伝 島成郎』を読む
    齋藤愼爾  島成郎と吉本隆明――〈6.15〉の思想をめぐって
    松本輝夫  島成郎と谷川雁――終生「革命」の本義に生きた
           二人をめぐって
    坂口 博  生田浩二と島成郎――そして谷川雁「世界をよこせ」
    今野哲男  沖縄のヤスリ
    川満信一  対談「沖縄の精神医療をどう考えるか」/
           島成郎について
    村瀬 学  風を結ぶ――固有名の「ブント」から、
           愛称の「ブント・結び」へ
    仲里 効  窓を開ければ――〈非〉と〈反〉の果てまでも
    添田 馨  島成郎の〈沖縄〉――佐藤幹夫『評伝 島成郎』
           その生き方を継承してゆく意味について
    玉木一兵  島イズム三様の志
    比嘉加津夫 島成郎の決断
   書評 三上治 帰らざる1960代 『唐牛伝』から
   俳句 仲本彩泉  カウントダウン
   詩  仲本 瑩  海嘯(1〜2)
   小説 杼該 至矢 島の西郷どん
      仲本 瑩  バラードの斧ひかりの檻(48〜49)
      伊良波盛男 酋長
      比嘉加津夫 マカテの小説 平敷屋朝敏の謎(8)
      杼該 至矢 密室(2)
   論考 村上一郎  村上一郎の未発表日記と『試行』9
        ――1962(昭和37)年の日記(8) (佐伯修 編・註)
      松岡祥男  言葉の力を信じて 吉本隆明さんのこと(16)
      青柳瑞穂  ゆっくり生きる“詩”怠けて生きたい私たち(14)
      比嘉加津夫 極私的に佐野眞一を
   編集後記

q.jpg 佐藤幹夫『評伝 島成郎』
今年の三月に筑摩書房から刊行された佐藤幹夫氏の『評伝 島成郎』を承けて編集されたこの号の特集は、 「沖縄を生きた島成郎」。島成郎と川満信一対談は『新沖縄文学』66号(1985年)からの再録ですが、その他はすべて新稿です。

kiga45.BMP 『飢餓陣営45 島成郎総特集号』
昨夏には佐藤幹夫氏の個人編集誌「飢餓陣営」が島成郎総特集号を発行しています。こちらも合わせてお読み下さい。内容詳細は、三月書房のサイトの「飢餓陣営発行所の本」のページでごらんください。もちろん通販もしています。
「脈」次号の特集は「写真家・潮田登久子と島尾伸三(仮題)」で2018年8月20日刊行予定。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 22:30| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。