2017年12月31日

三月書房販売速報[126]発行のお知らせ


三月書房販売速報[126]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2017/12/31[19-02-126]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 126号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#00] 来春から週休二日にする予定
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その88)
    ○「山科書店薬大前店」が11月末で閉店
    ○「ブックファースト京都店」が2018年1月31日に閉店予定
[#04] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○きんのぐわがた社、凱風社、三五館、創拓社出版、
     日新報道などが倒産あるいは廃業
[#05] etc.… 
    ○物流費の値上げラッシュ
    ○夏葉社の島田潤一郎氏「全国の“いい本屋さん”5選
    ○「週刊読書人」“アンケート特集「2017年の収穫」

========================================================================

2月中旬から週休二日にする予定です。現在は火曜定休なので、月曜火曜と連休にするのが順当でしょう。そして週休2日制が順調に推移すれば、週休3日、4日と増やして最終的には土日のみの営業にしたい。週休5日制の新刊書店は聞いたことがないので、珍しがられて案外繁盛するかもしれません。
それにしても書店業界は、はたしてこの状態であと何年持ちこたえられるのでしょうか。1997年から2016年までの20年間で総売上がほぼ半減したということは、平均すると年率約3%の減ですが、ここ5年のそれはほぼ年率4%の減、そして今年は11月まででなんと6.5%の減だそうです。このまま下降傾向が加速するようだと、消費税が10%に上がる2019年には、かなりまずいことになるのでは…。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。もちろん無料です。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: