2017年02月22日

「アルテリ3号」「もうろく帖 後編」「美しい街」ほか

ae177a06dfcab2db6f5c5d5662a3aa6f-212x300.jpg 「アルテリ3号」1200円+税

「アルテリ3号」が入荷しました。号を重ねるごとに頁数が増え、定価も上がりました。いちおう順調に発展しつつあると言ってよいのでしょう。ただしこれ以上分厚くなって高くなると売れ行きが落ちそうな気がしないでもありません。売り切れていた創刊号も重版分が入荷しました。

161202Heishi.jpg

「もうろく帖 後編」鶴見俊輔 2700円+税
「鶴見俊輔さんの仕事(2) 兵士の人権を守る活動」1500円+税
編集グループ〈SURE〉の新刊が2冊入荷しています。「もうろく帖」は先に「1」が出ていたので、今度は当然「2」だと思ってましたが、なぜか「後編」となってます。「前編」なしの「後編」だと、近い将来、幻の「前編」を求める人が無駄な努力をすることになることでしょう。なお、遺されたノートは22帖あり、1冊目は「1」にて丸ごと翻刻、「後編」は残りの21冊から選ばれたものだそうです。表紙をスキャンしようと思いましたが、うちの安物の機械では真っ黒にしか見えないのでやめました。
「鶴見俊輔さんの仕事」は(1)の「ハンセン病に向きあって」が既刊で、(3)以降は続刊の予定です。

f75da064a0cb6e28ab0455ff9f7f5c7e-n40m5g2ibbogprh9l5muazt43opcgzh47ire1mwzuw.png
「美しい街」尾形亀之助・詩/松本俊介・画 定価1600円+税

夏葉社のサイトからコピペした宣伝文の一部によれば「『美しい街』では尾形亀之助の初期から晩年まで 全作品のなかから55の詩を選んでいます。作品の合間々々には、同じ時代に活躍した夭折の画家、松本竣介のデッサンが入ります。」とのことです。どなたが選したかは記されていませんが、おそらく発行者自身の編なのでしょう。松本俊介の絵もよいし、装幀造本もよく、定価もさほど高くないので、長く売れそうな感じです。

アルテリ、SURE、夏葉社の本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまり見かけない本”のページからどうぞ。

posted by 三月山 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック