2016年02月21日

「アルテリ」創刊号

artel’01.jpg(※この画像は長崎次郎書店さんのサイトから無断でいただきました) 

「アルテリ」創刊号(年2回刊行予定)
  A5判/136頁/オールカラー 定価900円+税 アルテリ編集室

 *目次の一部
   雑誌「アルテリ」刊行によせて  石牟礼道子
   激励  渡辺京二 
   詩経試訳  伊藤比呂美
   鬱どきのスケッチ  坂口恭平
   上田秋成「死者のゑがほ」口語訳  渡辺京二 
   石牟礼道子の歌  浪床敬子
   カナタバル奇譚  高山文彦
   くすの芽  石牟礼道子
   ほか

渡辺京二氏の発案で創刊された熊本の人たちの雑誌の創刊号が入荷しました。渡辺京二氏と石牟礼道子氏の雑誌といえば、1970年代から80年代にかけて発行されていた「暗河」を思い出しますが、「アルテリ」は「暗河」をややマイルド/ライトにしたような雰囲気です。「アルテリ」とは“職人の自主的な共同組織”という意味だそうです。事典によれば“チュルク語のortak(組合)起源ともイタリア語のartieri(職人たち)起源ともいわれ”るロシア語らしい。ちなみに「暗河」とは“地下水道”、とくに奄美では鍾乳洞の神聖な地下水のことらしいです。
本誌では伊藤比呂美氏と渡辺京二氏が古典の現代語訳を掲載されていますが、光文社文庫の古典新訳シリーズとか、河出書房の「日本文学全集」の古典現代訳とか、古典の読み直しが地味にブームなのかもしれません。本屋としても、一過性ですぐに忘れられる芥川賞なんかよりも、古典がじっくり売れる方がよほどありがたいような気がします。あるいは、こちらが伊藤氏や渡辺氏同様に年齢をとったせいかもしれませんが。
この雑誌の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。通販送料等は1冊98円です。

[2016/04/16追記]
現在、「アルテリ」創刊号の在庫を切らせています。補充注文をした14日の夜に地震があり、発行所の橙書店様が被害に遭われたとのこと。16日の本震ではさらに大きな被害があったそうで、同店のブログによれば“復旧のめどはまったく立っておりません”とのことです。一日も早い復旧を願っておりますが、「アルテリ」の補充は当分入荷しそうにありません。

[2016/04/25追記]
本日「アルテリ」創刊号の追加が再入荷しました。橙書店様のブログによりますと、同店は22日から営業を再開されたそうですが、まだ余震もあってたいへんそうです。

posted by 三月山 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック