2016年02月17日

「脈 87号 特集・没後20年記念 谷川雁幻の論考・エッセイ拾遺」

myaku87.jpeg

「脈 87号 特集・没後20年記念 谷川雁幻の論考・エッセイ拾遺」
  比嘉加津夫・編集 A5判/218頁 定価1000円+税  脈発行所

*目次
  特集 没後20年記念谷川雁幻の論考・エッセイ拾遺
    松本輝夫 谷川雁幻の論考・エッセイ拾遺特集刊行にあたって(凡例も兼ねて)
    谷川雁 柳田國男と宮沢賢治(1990/08)
        国民文化とサークル(1958/10)
        筑豊に生きる(2)川筋けんか仕法(1963/10)
        五島玉之浦の聖夜(1963/12)
        「失読症」の渦巻から(1966/04)
        奇妙な試み(1966/11)
        高松次郎への「賛」(1980/02)
        生鮮食糧としての米を(1987/06)
        しらぬひの魚の歳時記断片(1987/07)
        歴史の骨格から発する微妙(1989/02)
        「浦上だからよかった」あるお婆さんの一言(1990/06)
        狩猟アーリア人の原記号(1990/10)
        酔悼・井上光晴(1992/09)
        「母音」叙情の水準点――安西均の苦い芳香を弔う1994/02)
        【特別協力】杉原茂雄への私信(直筆)(1985/03)
    松本輝夫 雁流「もう一つの日本」への精神下降の輝き――
        「現在の民俗学には闘うべき対象がある」(「柳田國男と宮沢賢治」) 
    金丸謙一郎 より詣でけり――谷川を求めて山までは見ず 
    谷川雁  埋もれた論考・対談等書誌一覧  
    仁衡琢磨 中間集会、水俣・松橋訪問記――雁、健一の足跡を訪ねて
    新城兵一 「雁研」への期待と可能性としての谷川雁

   俳句 仲本彩泉   地誌の迷宮(5)
   短歌 松島 浄   青大将
   詩  仲本 瑩   揺れる朝
      伊良波盛男  行く道
      波平幸有   いかりに留意せよ
      安里昌夫   暗い体験・儚い夢想
   掌篇 波平幸有   接吻
   小説 伊良波盛男  夜叉のごとく
      仲本瑩    バラードの斧 
      比嘉加津夫  愛と恋と――平敷屋朝敏の謎(3)
      東木武市   友達
   論考 深谷 考   野呂邦暢、風土へのヴィジョン
      松岡祥男   吉本隆明さんのこと(8)
      伊良波盛男  空海ノート
      比嘉加津夫  明治の文豪を訪ねる(中)
      崎原恒新   沖縄地方文学史(15)
   編集後記    

この号は谷川雁の単行本未収録作品の拾遺集がメインで、2段組42頁分。その部分の編纂と解説を担当されたのは、谷川雁研究会の代表で平凡社新書「谷川雁 永久工作者の言霊」の著者でもある松本輝夫氏。ちかごろこの「脈」は発行部数数百部のリトルマガジンとは思えない、充実した内容の号が続いています。この号も早々に売り切れることが予想されますのでお早めにお求めください。
なお次号は「村上一郎の未発表日記と『試行』(仮称)」で5月刊行予定。この特集は昨年末に発行された「飢餓陣営43号」の村上一郎特集の続編にあたるものです。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。
谷川雁の本は三月書房のサイトの「谷川雁の本」のページをごらんください。他店ではほとんど扱っていない、谷川雁研究会の機関誌「雲よ−原点と越境−」も創刊号から揃っています

posted by 三月山 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック