2015年12月12日

鶴見俊輔「『思想の科学』私史」、『高橋巖 著作集」

151514_Tsurumi.jpg 鶴見俊輔「『思想の科学』私史」2300円+税 編集グループSURE

目次
   ・倒叙「思想の科学」私史
   ・「もやい」としての『思想の科学』」鶴見俊輔インタビュー(聞き手・黒川創)
 ・解説 「いつでも編集を考えていた」黒川創インタビュー(聞き手・編集グループSURE)
 ・鶴見俊輔 関連年譜

メインの「倒叙」は全24回で、13回までは「活字以前」という雑誌に2015年6月まで連載され、逝去により中断しましたが、原稿は最終回の分まで揃っていたそうです。倒叙とは言うもののきっちりと時系列に沿って遡っているわけではなく、行ったり来たりしつつという感じです。内容的には、創刊から1960年代にかけての話題が多いような。「もやい」は2010年に思想の科学社から刊行された『「思想の科学」五〇年とそれから』収録のインタビューの再録。解説は2015年9月収録。
通販送料等100円。編集グループSUREの本の通販は三月書房のサイトの「編集グループSUREの本」のページからどうぞ。

takahasi5.JPEG 『高橋巖 著作集』

『高橋巖 著作集』岡澤幸雄 編纂・発行 各巻 A5判/400頁位
  第一巻「初期論文集1950-1968」2009年11月刊(※売り切れ)
  第二巻「論文集1968-1972」2010年12月刊 4000円 (※在庫僅少)
  第三巻「論文集1973-1977」2012年2月刊 4000円
  第四巻「論文集1978-1980」2012年12月刊 3500円
  第五巻「論文集1981-1982」2013年12月刊 4000円

うちの店は人智学関係の本は比較的多く揃えており、一般流通していない出版物もわりとたくさん扱っているのですが、「高橋巖 著作集」が刊行されていたことはぜんぜん知りませんでした。高橋巌氏は年に数回来店されますが、自著の宣伝をほとんどされないので、教えていただけなくても不思議ではありませんが、お客様からの問い合わせもまったくありませんでした。発行者から連絡をもらったので、あわててネットで検索してみましたが、国会図書館の蔵書リストに見つかる程度で情報が皆無でした。おそらく、ネットとはぜんぜん関係のないところで販売されていたのでしょう。
編集方針は、単行本化されていない、論文、対談、インタビュー、アンケートを原則年代順に収録するというもので、これは猫々堂の「吉本隆明資料集」とほぼ同じです。ただし、猫々堂が小冊子を年に10冊づつ十数年刊行し続けておられるのに対して、こちらは大部な論集を短期間で出してしまおうとされていたようです。残念ながら2009年11月刊行の1巻から2013年の5巻までで休止中ですが、印刷はきれいで読みやすく、いまでは入手困難な紙誌から再録されていますのでたいへんに貴重かつ便利でしょう。内容詳細は三月書房のサイトの「人智学関係書」の頁からどうぞ。通販のお申し込みも同じ頁からどうぞ。

posted by 三月山 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック