2015年06月17日

訃報 「アスタルテ書房」店主・佐々木氏ご逝去

エディション・イレーヌ松本氏から連絡をいただきましたが、アスタルテ書房店主の佐々木一彌氏は、6月15日未明に入院先の病院でお亡くなりになったとのことです。享年61歳。お葬式等はすでにご家族のみで済まされたとのこと。アスタルテ書房については、ご子息には引き継がれる意思がまったくないそうなので、このまま閉店となるのでしょう。在庫品は古本組合の市で処分されることになりそうで、閉店セールの予定もいまのところないようです。

京都新聞6月19日付記事 
佐々木一彌さん死去 「アスタルテ書房」経営”

posted by 三月山 at 13:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都の書店のうわさ 別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お悔やみ申し上げます。
Posted by 井上信行 at 2015年06月17日 21:23
こんにちは。
初めて書き込みさせていただきます。

アスタルテ書房ご店主、佐々木様のご逝去および店舗の閉店のご連絡
ありがとうございます。
遠方に住んでおりますため、こうして知る場がなければ、お店のある場所へ
行くまで知らずにいたかもしれません。
大変、感謝しております。

ご病気であることや、入院された件は存じておりましたが、これほどまで
お悪かったとは・・・大変にショックを受けております。

京都旅行へはたびたび行っておりまして、そのつどほぼ訪れておりました。
品揃えが大好きな古書店でした。
いつもほど良い距離感で、丁寧な対応をしていただいておりました。

母への誕生日プレゼントに「それいゆ」を購入したのもアスタルテ書房でした。
1度、佐々木様から吉屋信子さんを薦めて頂いたのに、その時の手持ちが
足りなかったために、ご本が買えなかった事が悔やまれます。
もう2度と行くことが出来ないと思うと、残念で残念で・・・。
切ない気持ちでいっぱいです。

改めて、佐々木様のご冥福をお祈りいたします。
そして、素晴らしい場所を作って下さったこと、ありがとうございましたと
お伝えたいです。
Posted by サジ at 2015年06月18日 01:53
長年心の寄りどころでありました。アスタルテ書房のことを知らせてくださり、ありがとうございます。
Posted by marie at 2015年06月20日 23:01
明日6/23から閉店セールが行われるようです。詳細は以下のツイートをご覧ください。
https://twitter.com/fwatxeqjyh4uu8s/status/612428154624327680
Posted by riocampos at 2015年06月22日 15:56
お知らせ有り難うございます。
本日6/23(火)行ってまいりました。
念願の吉屋さんの本のほか、何冊か買わせていただきました。
お荷物になるとは思いましたが、お花もお渡しいたしました。
ご夫人には親切な対応をしていただき、感謝しております。

どうもありがとうございました。
Posted by サジ at 2015年06月23日 21:48
もう何年前になりますか、開店当初伺いました。元佐々木旅館、そう池田屋騒動のあった場所からの古書肆開店でした。

貴重な小冊子の池田屋事変始末記が棚に並んでました!

色々御話しした遠い時代、池田屋からの変遷を経て、やがて古き良き時代の京都に多くの修学旅行生を迎えた佐々木旅館、さてもさても、あれから、佐々木旅館が受け継いだこの本はまだあるでしょうか。

心よりお悔やみ申し上げます。
Posted by 相楽伊三郎 at 2015年06月28日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420830976

この記事へのトラックバック