2015年06月04日

サワダオサム「独断的上林暁論」

「他店では(いまのところ)絶対見かけない本」入荷案内

サワダオサム「独断的上林暁論」

サワダオサム「独断的上林暁論」
  四六判並装/284頁 定価1800円+税 壁書房
*目次
   序章  旅立ち−初期の習作について
   第一章 衣食を貪ることなかれ−心豊かに生きた日々
   第二章 凍てついた日々−戦時下を生きる
   第三章 病妻物語の裏側−妻はなぜ精神を病んだか
   第四章 酔っぱらい小説の背景−酒と女と売文
   第五章 私小説でない私小説−私小説からの脱出を試みて
   第六章 上林暁との対話−歴史・対話・言葉
   第七章 左手の上林暁−病床での十八年
   第八章 文学の鬼としての上林暁−さまざまな上林暁論
   別章  兄といもうと−上林文学と妹睦子
   あとがきに代えて

2008年刊行の「わが上林暁〜上林暁との対話〜」に続くサワダ氏2冊目の上林論が入荷しました。あとがきによれば「上林暁の一部分を取り上げて、私小説のカテゴリーに押し込んでいる現状に私なりにノーを突きつけたつもりです」とのことです。なお、いまのところこの本は三月書房でしか販売していないようです。

○その他現在入手可能なサワダ氏の著書
  「わが上林暁〜上林暁との対話〜
  「初期作品集」
  「けつまずいてもころんでも−新聞販売労働運動史ノート」
  「新聞の底辺から抗議の声を上げた−京都新聞藤ノ森販売所と池内淑子の闘い」
  「底辺から新聞を撃つ−小説・毎日新聞不正経理事件
これらの本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。

posted by 三月山 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック