2014年03月11日

「三月書房販売速報[117]」発行のお知らせ


三月書房販売速報[117]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2014/03/11[16-01-117]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 117号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#00] 消費税のいわゆる駆け込み需要は今のところぜんぜんないような
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] 日販への返品率 2004〜2013
[#04] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その79)
    ○みすず書房の書店別売上げランキングの京都分
    ○「ソトコト2月号」の“京都の本屋さん、ぶらり町さんぽ。”
[#05] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○“出版社の社長の中にはカードローンなどで資金を調達している人たちも…”
    ○「長崎出版」が何かまずいことになっているような…
[#06] etc.… 
     ○「AGORA」と「新文化」にけっこうな記事が載りました
    ○その「新文化」でうちの記事を書いてくれた元書店員氏が新規開業
---◎受贈御礼◎勝手に宣伝---------------------------------------------
 出版人に聞く12 「『奇譚クラブ』から『裏窓』へ
      飯田豊一(聞き手・小田光雄)
       定価1600円+税 論創社
----------------------------------------------------------------------

yoshimoto06.jpg吉本隆明全集(6) 1959-1961」晶文社

「吉本隆明全集」は今週末が第1回配本ですが、11日の朝日新聞によれば、初版三千部で重版も決定済みだそうです。総経費が約2億円とありますから、全38巻で割ると1巻当たり約530万円。平均本体6000円の60%が出版社の取り分とすると3600円ですから、およそ各巻1400冊売れれば経費が回収できるという計算になるような気がします。したがって平均2000冊近く売れれば予定通り完結するでしょうが、1000冊近くに落ちると隔月刊はむつかしくなるかも…。ただし、これは部外者が気楽に計算してみただけなので、あまりあてにはしないように。

「新文化」2014年1月30日号に“隙間狙いの店づくり”という三月書房の紹介記事を書いてくれた、元書店員の砂川氏が、去る2月22日に奈良県の大和郡山市で個人書店をオープンされました。新刊本のほか、リトルプレス、古本、雑貨を扱っておられるそうで、店名は「とほん」。詳しくは同店の公式ブログをどうぞ。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。

posted by 三月山 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391366597

この記事へのトラックバック