2013年09月26日

謄写技法 第七号「ぐろりあ工房・丹羽善次の一九三〇年代」

「他店ではあまり見かけない本」入荷案内

謄写技法 第七号
  謄写技法 第七号「ぐろりあ工房・丹羽善次の一九三〇年代」
   貼函入(97mm×71mm×13mm)/本文94頁 限定百部・番号入り
   頒価1500円+税 印刷・発行 坂本秀童子

徳島県海部郡の離島、牟岐島の謄写版印刷屋さんの「謄写技法」の取り扱いを始めました。この第七号は豆本仕立てで限定百部となっていますが、ハードカバーの上製本で、本文は謄写版印刷ですから、まともなコスト計算をすれば、少なくとも一万円はつけないと採算がとれないでしょう。この号の内容については林sumus氏のブログに詳しいのでそちらをお読みください。

「謄写技法」は1999年の創刊以来、別輯1冊を含む9冊が刊行されていますが、現在、三月書房で販売しているのは、最新号の7号の他は6号(頒価1200円+税)と別輯の「ガリ版刷春本編」(頒価4000円+税)のみです。この「春本」についてはこのブログの2006年05月21日に詳しい記事を載せました。6号はほぼB6判の和本仕立てで、特集記事はなく“菅原克己のガリ版”“金農「昔邪之盧詩」をガリ版す”ほかの通常号です。その他の号については萩書房さんのサイトをごらんください。最新号は三月書房と萩書房のほかタコシェ、ロバの本、トンカ書店、海月文庫でも販売しているそうです。

「謄写技法」の通販は「他店ではではあまり見かけない本」の頁からどうぞ

posted by 三月山 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375831348

この記事へのトラックバック