2012年02月04日

『加藤一雄の小説』は今年も出ないかも

「用美社 2012年の出版物」より

『加藤一雄の小説』は2006年10月に近刊と予告されたまま、ついに足かけ6年目となりましたが、あいかわらず、いまのところいつ出るのかは不明です。昨日、用美社さんから同社制作のけっこうなカレンダーが届きました。しかし、同封されていた「用美社 2012年の出版物」というチラシ(クリックしていただくと拡大表示になるはず。こちらのパソコンですと2回クリックすると細かい字も読めます。)には、残念ながら加藤本の予告は掲載されていません。しかし、中止という連絡もありませんから、よーするに“鋭意制作中”ということなのでしょう。
あいかわらずネットでは用美社さんの情報はほとんど見あたりませんが、日販のサイトで2011年の刊行として「美しい本:葉山藝大book 01」が出ていることはわかりました。したがって、昨年は少なくとも1冊以上刊行されているし、今年も5冊の出版予定があるということは、無事に出版活動されているということですから、加藤本もいずれは出していただけるのでしょう。
『加藤一雄の小説』に関してはぜんぜんあてにせず、気長にお待ちください。ご予約及びご予約の取り消しは随時受け付けております。ご連絡は三月書房のサイトからメールにてどうぞ。

 ○2011年01月18日「『加藤一雄の小説』は今年も「近刊」のまま」
 ○2009年08月25日「『加藤一雄の小説』は年内にでるかも?」
 ○2009年02月09日「こんどこそ出る?「加藤一雄の小説」
 ○2007年11月17日「ついに出る?『加藤一雄の小説』」
 ○2006年10月26日「『加藤一雄の小説』近刊のお知らせ」

posted by 三月山 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック