2011年12月05日

「コタニ・プレイズ・タルホ」、「ぽかん2」

「他店ではあまり見かけない本」入荷案内

「コタニ・プレイズ・タルホ」 
「コタニ・プレイズ・タルホ」定価1001円(税込) 喜多ギャラリー

最初にお断りしておきますが、この画像は表紙の書影ではありません。表紙は白地に銀の箔押し風のデザインで、スキャンしたらほぼ真っ白になってしまって何もわかりませんでした。それで中の頁から、一番目立ちやすそうな頁をスキャンしておきました。
このパンフは2011年6月から9月にかけて、奈良県の喜多ギャラリーで催された、“稲垣足穂展―資料とイメージのフラグメント by 古多仁昴志”展の図録です。この展覧会は「タルホを蒐(あつ)める人、古多仁昴志氏のコレクション+リンク・ワークス―150点以上のタルホ本、原稿、短冊、初版本、パテェカメラ、etc…….特別出品―遺愛の鼻眼鏡・イソギンチャクの印章・色鉛筆など6点」というものだったそうです。この図録はB5判24頁で透明袋入り、“芸術とは幼な心の完成である/コタニ・プレイズ・タルホ/稲垣足穂に献ず/古谷仁昂志/限定1001部発行/定価1001円(税込)/喜多ギャラリー Kita Gallery”とプリントされたタイトル・シールが貼付されています。奥付にはartworksとtext・古谷仁昂志、協力・稲垣都、ドノゴトンカ(扉野良人・羽良多平吉・高橋信行・木村カナ・郡淳一郎)ほか、発行・喜多ギャラリーとあります。
たいへんきれいな図版や写真と足穂本リスト等資料が掲載されていますから、足穂ファンにはなかなか魅力的でしょう。限定版につきお早めにどうぞ。送料99円にて通販いたします。通販のお申し込みは三月書房のサイト、「他店ではあまり見かけない本」のページからどうぞ。販売書店は数店らしいので[レア度★★☆]。

「ぽかん 02」 
「ぽかん02号」編集・真治彩 発行ほかん編集部 定価1000円 

創刊号がわりと売れた「ぽかん」の2号が入荷しました。特集が“私の大阪地図”、ちなみに前号は小特集“ハロルドとモード 少年は虹を渡る”。A5判横開きで全88頁、多くの頁が横3段組で活字がかなり小さいため、見た目よりも字数はかなり多そうな感じです。内容はほぼぜんぶ「本の話」か「本」の周辺の話です。詳しい目次等は発行所のサイトでごらんください。
この雑誌の通販も他店ではあまり見かけない本」のページからどうぞ。創刊号も残っています。販売書店は20店近くあるようなので[レア度★☆]

posted by 三月山 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック