2006年08月22日

「駸々堂コミックランド」跡地

<天に唾する>京都の書店のうわさ 遺跡編10

「駸々堂コミックランド」跡地2006/08/22

河原町三条上るの京都朝日会館2階にあった「駸々堂コミックランド」の跡地です。このコミック売場は、河原町三条下る西側にあった「駸々堂河原町店」の閉店にともなって、そこのコミック売場のみが移転した店でした。オープンは1993年7月で、閉店は同グループが倒産した2000年1月末です。もとの「河原町店」のコミック売場は、担当者がきわめて優秀な人だったため、1980年代半ばごろに目立って伸張し、移転前は店の奥半分が「コミックランド」という名称になっていました。その当時は全国的にも漫画専門店はまだ少なくて、一般書店のコミック売場としては質量ともに画期的でした。駸々堂グループは、その後、大阪や神戸でも「コミックランド」を何店か出店しましたが、そのコンセプトはこの店が発祥だったはずです。この「河原町店」はどこかの保険会社のビルの1階のテナントでしたが、そのビルの立て替えのために閉店を余儀なくされました。コミック以外はすぐ北の「京宝店」に吸収されましたが、雑誌や児童書や学参類を扱うことになったために「京宝店」の専門書はかなり割を食ったようでした。一方「コミックランド」はたいへん順調だったために、単独で移転したのでしょう。オープン当時の宣伝文句は「コミック専門店としては日本一の売場面積(ただしワンフロアでは)」というようなものでした。その後、日本一の看板がどうなったかは知りませんが、京都の漫画専門店としては、倒産時までたぶん一番店だったでしょう。倒産後は引き継ぐ書店もなく、書店とはまったく関係のない業種が入っています。なお、「コミックランド」創設の店長は、1990年代の終わり頃に脱サラして、鴨川の七条大橋のあたりで「ビッグボス」というコミック専門店を開業され、マニアの間では全国的な有名店だったようですが、残念ながら2001年春に廃業されました。

posted by 三月山 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の書店のうわさ 遺跡編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんの偶然か京都の本屋さんを巡っていたらこのブログに突き当たりました。HPも拝見しました。
僕はたいてい、ベストセラーになった本しか読んでいません。でも、高校生の頃、西脇順三郎の詩を見て(読んだんじゃないなぁ〜)、不思議な気分になったことがあります。50に手が届こうとする今日、たまたま三月書房のHPで名前を見かけました。
京都に住みながら寺町二条には足を踏み入れたことがありません。機会があったら寄せていただこうと思います。
Posted by 銀河旋風児 at 2006年08月23日 22:43
 浪人時代、このコミックランドにはよく通ってました。高野文子や杉浦日向子のマンガを買ったのは、確かここだったとおもいます。駸々堂がバブルのつけで倒産したときは非常にショックでした。駸々堂というのは三条界隈の老舗書店として父親の世代から親しまれてきたので、あんな形での倒産というのはなんとも切なかったですね。倒産してからしばらくの間、コミックランドで働いていて人が「駸々堂コミックランド始末記」のようなものをネットに書いていて、そのとき「ああもう復活はないんだな」と感じたこともありました。

 しかし、ビッグボスが駸々堂の元店長さんがやっていたお店だったとは知らなかった!ここも高校生や大学生の頃に立ち寄った記憶がありますね。ある日七条の当たりを歩いていると、店舗がなくなっていることに気づき、「どうしたんやろ」と思ってましたが、廃業してたとは。

 駸々堂はもう思い出の一部なんだなぁ。そんな自分もいまや勤め人。なにやら時の流れを感じます。
Posted by きょうとさんじょの… at 2007年03月09日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック