2006年07月15日

「紀伊國屋書店 MOVIX京都店」

<天に唾する>京都の書店のうわさ 別冊008

紀伊國屋書店 MOVIX京都店 2006/07/11

紀伊國屋書店 MOVIX京都店」は、京極通三条下るの元松竹座跡に昨年4月オープンした、松竹系シネコン「MOVIX2」のテナントです。1階と地下1階合わせて300坪で、本と雑誌が200坪、DVDとCDが100坪だそうです。本屋の部は200坪の店としては可もなく不可もないというところでしょう。正直なところあまり興味も関心も持てない店ですが、それなりにお客は入っているようです。
DVDとCDは「Forest」というインショップ形式になってます。書店についてはいかに「天に唾する」覚悟ではあっても、同業者ですから、そうそう悪口ばかりも書けませんが、DVDやCDについてはたんなる消費者なので遠慮なし言わせていただきますと、まことにつまらない店で、いつ行ってもお客はまばらです。ごく近所に「HMV」と「TOWER」があり、「JEUGIA」と「ビーバー」という地元店もあり、それらのいずれもがここよりははるかに在庫量が多いのですからそれも当然でしょう。唯一の救いはほかではあまり見かけない「ファーストトレーディング」という会社の500円DVD映画のシリーズが揃っていることぐらいでしょうか。余談ながらこのシリーズの「マルクス兄弟 オペラの夜」と「マルクス一番乗り」は絶対のお買い得です。
大きなお世話とは思いますが、「Forest」は10坪位に縮小して、500円DVDと「紀伊國屋レーベル」のDVDだけにしたほうがよいのではないでしょうか。書店部分が300坪弱になれば、「ブックファースト」も消えてしまった界隈では、唯一の地べた書店としてお客にも喜ばれるでしょう。

ついでながらDVDといえば、2006年7月現在、ネットの「HMV」と「TOWER」の値引き競争が激化していて、とても喜ばしいことです。「HMV」は2枚買えば25%引き、「TOWER」は1枚でも最大25%引きです。そしてこれは輸入盤ばかりでなく国内盤も同様なので、うちのような書店が取次から仕入れるよりも安いくらいなのです。「Forest」はオープン当初からDVDは全品10%引きですが、これではますます勝負にならなくなるでしょう。

posted by 三月山 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の書店のうわさ 別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック