2006年06月09日

CD「落語の楽しみ」@105円

100円ショップのお買い得CD&DVD

落語の楽しみ(5)


CD-G-6 落語の楽しみ(1)
       “ラブレター”柳亭痴楽 
       “寄り合い酒”三他亭夢楽
       “かぼちゃ屋”春風亭柳好

CD-G-7 落語の楽しみ(2)
       “義理堅い男”春風亭柳昇 
       “成り金旅行”柳家金三
       “富士詣で”橘之円

CD-G-8 落語の楽しみ(3)
       “がまの油”金原亭馬生 
       “豆や”桂伸治
       “子ほめ”桂文朝 

CD-G-9 落語の楽しみ(4)
       “課長の犬”春風亭柳昇 
       “続け取り”桂伸治
       “権助魚”春風亭小柳枝

CD-G-10 落語の楽しみ(5)
       “こごと幸兵衛”春風亭柳朝 
       “隅田川”柳亭痴楽
       “牛ほめ”春風亭柳孫

演者と演目と録音時間以外のデータが一切ないので何もわかりませんが、おそらく1960年代から1970年代にかけての頃の録音でしょう。後にもう少し大きな名を襲名したはずの人も、録音当時の名のまま印刷されているようです。録音時間はどれも15分未満で、一枚三席ですから40分強程度です。演目も前座ネタなど軽いのばかりですし、出来がどうこういうほどのものではありませんが、なにしろ105円ですから、たいして面白くなくても、損した気にもなりません。
むしろこれらのCDで楽しむべきなのは、当時の寄席の雰囲気でしょう。お客さんが、たいしておもしろくもないところで、じつにほがらかに笑っています。やはり、世間がいまよりもかなりのんびりしていたのでしょう。現在のTVのお笑い番組のきつくてシンドイ笑いとは大違いで、聴いているこちらもなごみます。数十年前の子どもの頃に戻って、ラジオの寄席番組を聴いていたころの気分になれるというとややほめすぎかもしれませんが…。ただし残念なことに、いくつかの演目は聴衆ゼロのスタジオ録音らしく、あまりの退屈さに最後まで聴き続けることができませんでした。

posted by 三月山 at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 激安CD&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
落語家の名前ぐらいちゃん正しく書け!
Posted by 安藤隆夫 at 2010年07月20日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック