2009年07月14日

「ヴィレッジ ヴァンガード 新京極」が4月に開店していた

<天に唾する>京都の書店のうわさ 別冊054

「ヴィレッジ ヴァンガード 新京極」2009/07/14

ぜんぜん知りませんでしたが、4月24日に京都市内3店目の「V.V.」がオープンしていました。新京極蛸薬師下ルの「ダイヤモンドビル」の2階全部で、100坪弱というところでしょう。「V.V.」の京都デビューは1998年11月の「河原町オーパ」のテナントとしてでしたが、これは1年ほどで北山通に移転し「京都北山店」に、2号店は2001年1月オープンで、烏丸三条の「新風館」の「京都三条店」。「V.V.」社のサイトによれば、今日現在の店舗数は313店となっていますから、京都にやっと3店目というのは、人口比率からみてやや少ないかもしれません。「V.V.」にはほとんど興味がないので、「オーパ」と「新風館」のをオープン当時に見学した以外、全国どこの店にも行ったことがないので、この「京極店」が他店と比べてどうなのかとかはぜんぜんわかりません。ただひとつ言えることは、本の量の圧倒的な少なさでしょう。およその見た感じですが、売り場面積で言うならばぜいぜい15%程度です。そしてその大部分は表紙展示の複数在庫なので、書籍雑誌のアイテム数は数千点程度ではないでしょうか。本以外の雑貨類についてはさっぱりわかりませんが、「ドンキホーテ」をちょっとだけ整頓したような雰囲気でした。

posted by 三月山 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の書店のうわさ 別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック