2019年11月20日

「脈 103号 葉室麟、その作家魂の魅力と源」

myaku103.JPG

「脈 102号 葉室麟、その作家魂の魅力と源」
比嘉加津夫・編集  A5判/162頁 定価1200円+税 脈発行所

*目次
  特集 葉室 麟、その作家魂の魅力と源
    松本輝夫 葉室麟と谷川雁、保田與重郎
         ――歴史上の敗者の物語に時代反転の「曙光」を求めて」
    北野辰一 葉室麟と話したかったこと
    仁衡琢磨 葉室麟 惜別賦――含羞と清冽の人へ――
    坂口 博 葉室麟と五味康祐――「柳生武芸帳」ノオト
    大矢和世 人のもつ尊厳を信じて書くということ
    師岡司加幸 『蜩ノ記』考 ―物語の行方
    金丸謙一郎 土蔵の奥に見いだすもの ―美しい夢に抗して
    仲本 瑩 残された命を使い切る――葉室麟
    松島 淨  葉室麟ノート ―「蜩ノ記」を読む―
  俳句 仲本彩泉 ウラシマから貰った暦
  詩  伊良波盛男 男一人
     仲本 瑩  参拾四円の葬式 他2
  短歌 日比谷久代 悼/羇旅2/色
  小説 仲本 瑩  バラードの斧ひかりの檻(全100/71〜73)
     鈴木次郎  富士山不連奴准教授のテレビ的人間分析学集中講義
     比嘉加津夫 小説始まる 平敷屋朝敏の謎(14)
  論考 佐伯 修  「村上一郎の未発表日記」余禄・私記(一)
     村上一郎 村上一郎の未発表日記と『試行』15
      1963(昭和38)年の日記(6)(佐伯修 編・註)
     青柳瑞穂 「怠け」の方言 怠けて生きたい私たち(20)
     山口弘子 思わずにいられない――村上一郎と三枝ミ之の一葉
     松岡祥男 講演について 吉本隆明さんのこと(23)
  編集後記
  表紙写真=葉室麟(提供・撮影 大矢和世)
  題字= 比嘉良治 本文カット= ヒガカツオ

「脈」次号の特集は「『ふたりの村上』と小川哲生(仮称)」で2020年2月刊行予定。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 22:06| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

「アナキズム・カレンダー2020」

preview_01_表紙_01.jpg
A4横サイズ/28頁/価格1200円(税込) アナキズム文献センター 編集・発行

今年はいまだかってなかった早い時期に「アナキズム・カレンダー2020」が入荷しました。年末までに丸二月も販売期間があるのは初めてです。よくは知りませんがジャニーズとかのカレンダー類と比べても、さほど遅れをとっていないでしょう。スタイルはここ数年のと同じで一月分が2頁、開くと上部が記事、下部がカレンダーとなってます。表記は例によって曜日はエスペラント表記で月曜始まりです。
特集は「エマ・ゴールドマン1869-1940」。発行所のサイトによれば、“エマの多彩の活動が伝わるよう、生涯の同志であるアレクサンダー・バークマン、幸徳秋水らが処刑された大逆事件に対する日本政府への抗議や救済を世界に呼びかけた雑誌『マザーアース(母なる大地)』、日本でもっとも強くエマに思想的な影響を受けた伊藤野枝訳の文章、「平民新聞」でのエマ自伝の連載時のイラストなどを紹介。”とのこと。
このカレンダーの送料は180円、2015年の「山鹿泰治」も少し残っています。こちらも税込み1200円、お申し込みは三月書房のサイトの「南天堂関係者の本」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 11:05| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする