2018年12月23日

「アナキズム・カレンダー2019」入荷

cira2019_cover.jpg
「アナキズム・カレンダー2019
 近藤憲二没後50年〜三代で継いできた近藤文庫」
A4横サイズ/28頁/価格1200円(税込) アナキズム文献センター 編集・発行

何とか年内に「アナキズム・カレンダー2019」が入荷しました。これは12月27日に入荷した2016年版に次ぐ遅さです。スタイルはここ数年のと同じで一月分が2頁、開くと上部が記事、下部がカレンダーとなってます。表記は例によって曜日はエスペラント表記で月曜始まりです。
特集は「近藤憲二没後50年〜三代で継いできた近藤文庫」。発行所のサイトによれば、“1堺利彦・為子、近藤憲二・(堺)真柄、そして近藤千浪と三代に渡り、ときに自分たちのものを二の次にしてまで、守り抜いてきた貴重な資料、特にアルバムをメインに紹介しています”とのこと。
このカレンダーの送料は180円、2015年の「山鹿泰治」も少し残っています。こちらも税込み1200円、お申し込みは三月書房のサイトの「南天堂関係者の本」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 22:42| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

年末、年始の営業案内

2018.19.JPG

12月19日(水)〜30日(日)は無休で営業
12月31日(月)〜1月4日(金)は休みます

24日(月)と25日(火)は定休日ですが年末らしく営業します。週休2日も定着してきた?ので常連客はどなたもご来店にならないような気がしますが、24日は祝日なので少しは通行人も多いのではと、ちょっとだけ期待しています。

上の写真はとりあえずなにか写真が必要なのでアップしてみただけでとくにどうということはありません。店頭のショウウインドウの今日の景色です。いちばん目立つ「やましたくん」は飲み仲間の(あまり呑まない)山下君の絵本です。もともとこの場所は10年ほど「別冊太陽 熊谷守一」をかざっていて、この表紙の猫の客寄せ効果は抜群だったのですが、版元品切れになってしまったの、とりあえずいろいろとっかえひっかえしていますが、どれもいまいち客寄せ効果が低いような感じです。このショウウインドウの猫本の集客効果についてはこのブログの2006年05月23日の記事をごらんください。

posted by 三月山 at 21:24| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

「黒のマガジン」第4号 

>黒のマガジン4.jpg 「黒のマガジン」第4号 定価800円(税込)

8月に出るとの予告があった「黒のマガジン」の第4号がやっと入荷しました。この特集は“水木しげるとカメラ雑誌の世界”です。編集発行人の黒木和也氏のブログによると“様々な写真資料からみた水木作品やその作画術、といったものを話したり記したりしています。他にも、水木とお笑い芸人や、水木と海外怪奇小説といったものもあり変にボリュームのある内容になっている”とのこと。特集は78頁分で、小さなフォントの三段組みに図版も多数収録されていてかなりの情報量です。
この雑誌の通販は通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。
第3号「水木しげるとアメリカンコミックスの世界」の在庫も残っています。
藤本和也さんのブログ(仮タイトル)
「黒のマガジン」のブログ

posted by 三月山 at 11:40| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

三月書房販売速報[129]発行のお知らせ


三月書房販売速報[129]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2018/12/15[20-03-129]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 129号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#00] 週休二日制にしましたがまずは順調です
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その91)
    ○岩波書店専門取次の不退書店が10月末で閉店
    ○「男の隠れ家」12月号“特集・本のある空間。”
    ○「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」G.B.刊
[#04] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○海悠出版、週刊秋田社、リンダパブリッシャーズ、
     モーニングデスク、GGメディア
[#05] etc.… 
    ○角川文庫などの短冊廃止
    ○「週刊読書人」“アンケート特集「2018年の収穫」

========================================================================

512zE5QtFmL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」G.B.刊
この本にはぜんぜん知らなかった本屋が多く紹介されていてなかなか便利な本です。しかし、この本の版元のG.B.という会社名は最悪に近いのではないでしょうか。まったく何屋かわからないし、このまま検索したらアルファベットの略語の群に埋没していて発見が困難です。せめてG.B.出版とかG.B.プレスにでもしたほうがまだましでしょう。とは言え、三月書房もちゃんと載っていて、ただで宣伝していただいているわけで、ありがたいことです。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。もちろん無料です。

posted by 三月山 at 09:51| 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする