2018年07月31日

お盆休みのお知らせ

地べたの店は8月13日(月)〜15日(水)休みます

今春から月曜と火曜を定休にしたので、盆休みは水曜が増えるだけとなりました。今年はめずらしく出版業界の物流休止日と同じなので、ずれる年よりはゆっくり休めそうです。来年は定休日をもう一日増やしたいと考えていますが、もしもそうなると盆休みが実質的になしになってしまうので、4連休にするかもしれません。

  「ステキな奥さん ぶはっ」

3年前に出ていた本ですが最近読んだら、「新聞はキチョウ品」という4コマ漫画がものすごく面白かった。本編は「朝日新聞」に隔週連載の画文ですが、この漫画はたぶん単行本化にあたって追加されたものでしょう。伊藤理佐/吉田戦車家では新聞を一紙も購読していないので、月に2回送られてくる掲載紙がとてもキチョウだと。たとえば、ヤサイを包んだり、生ゴミをくるんだり、テンプラを揚げるとき敷いたり、こどもがおもちゃを工作したりと。うちも一昨年から新聞をとるのをやめましたが、古新聞がないといろいろ不便なので、お役所の広報紙とかリビング何たらとかいうフリーペーパーを大事に残しておいて使っています。しかし、それにしても、「ステキな奥さん ぶはっ」は朝日新聞出版の発行なのに、わざわざこんな漫画を追加するのは、ひょっとしたら出版子会社による新聞本社へのささやかなレジスタンスかもしれません。

posted by 三月山 at 13:50| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

三月書房販売速報[128]発行のお知らせ


三月書房販売速報[128]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2018/07/23[20-02-128]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 128号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#00] 今年はいまだかって経験したことがない猛暑で、
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] 短歌本の売上げ(TOP12)
[#04]<天に唾する>京都の書店のうわさ(その90)
    ○「三省堂書店京都駅店」が6月17日で閉店
[#05] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○ダイナミックセラーズが破綻。日本芸術出版が行方不明?ほか
[#06] etc.… 
    ○本の雑誌社の新刊『ニッポンの本屋』
    ○大阪屋のサイトの「ごんた堂」が消えた
    ○河出の『日本文学全集』が予定日を過ぎても完結しない

========================================================================

河出が2014年秋に刊行を開始した『日本文学全集』全30巻がいまだに完結しない。最初の予定では2018年3月完結のはずだったが、あと2冊(源氏物語の中と下)を残して、2017年9月以降出ていない。それにしても、この出版業界の状況下で“現金一時払い特価”を設定した呑気さには少しあきれます。2014年以降に閉店した書店にて一時払いをしていたお客は、閉店以後も無事に配本を受け取れているのでしょうか?栗田、大洋社などの取次と取り引きしていた書店は無事に定期を新・大阪屋に移行できたのでしょうか?この問題については「出版ニュース」2002/09/中旬号に、寄稿したことがありますのでご参照ください。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。もちろん無料です。

posted by 三月山 at 13:53| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

「黒のマガジン」第3号 特集・水木しげるとアメコミの世界 

152533522048391002180.jpg 「黒のマガジン」第3号 定価800円(税込)

10年以上前に創刊号を扱ったことのある「黒のマガジン」の第3号が突然入荷しました。第2号は扱った記憶がありませんが、8年ほど前に出ていたようです。この第3号の特集は“水木しげるとアメリカンコミックスの世界”。発行所のブログによると“水木マンガを開いては「このコマってどこかからパクったぽいよな」など他愛もない話を収録してはいましたが、十数年経ってこんな完璧な感じで証明、てか照合されるとは!いやーほんと大爆笑です。ただひたすら水木マンガの元ネタを引っ張りだしてるだけなのに、こんなに笑えるとは。他にも足立&藤本対談と、足立さんのコラム「鬼太郎の髪の毛針はアメリカ製か」は必見ですわ。”というようなものです。図版多数収録されてます。ほかに炭子部山貝と藤本和也の漫画も載ってます。それから、黒マガ増刊号「ミズキカメラ」上下巻、496頁という限定版の資料集も出ているそうですが、こちらはイベントでの直販のみとのことなので入荷予定はありません。8月には第4号「特集・水木しげると写真の世界」も出るそうです。こちらは入荷するかもしれません。詳しくは発行所のブログでお確かめください。
藤本和也さんのブログ(仮タイトル)
「黒のマガジン」のブログ
この雑誌の通販は通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 11:36| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

「ぽかん」7号

pokan07.BMP 「ぽかん」7号

 本文88頁/定価700円+税 編集・真治彩/発行・ぽかん編集室
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*目次
 ひょうそ ー「門司の幼少時代」(二) 山田稔
 大学ノートに万年筆で 片山令子
 私的、悼むことについて 株田和生
 最後の授業 岩阪恵子
 おばあちゃんからの便りと、最期の絵日記 郷田貴子
 文学者の映画エッセイをめぐって 高崎俊夫
 7四月に雪が降ることもある 福田 和美
 ぬいぐるみの鼠――忘れることに抗う 服部 滋
 書物の城塞   渡辺尚子
 湖魚の道が交わるところ 澤村潤一郎
 a poem as an amulet――片山 令子さんのこと 真治彩
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この号も前号同様おまけ冊子はついていません。山田 稔氏のは7頁分。たぶん次号以降も続くのでしょう。
「大学ノートに万年筆で」は3月に亡くなった片山令子さんの遺稿です。お亡くなりになっていたということは、この号の真治彩さんの記事で初めて知りました。少し不思議なのは、けっして無名ではなく著書も多い方なのに、ネットで検索しても訃報記事がみつからないことです。それどころかウィキペディアの項目すらないのはなぜなのでしょう。本人がSNSの類に手を出さなくとも、どうでもいいことまでアップされるのがネットなのに、よほどうまいこと避けておられたのでしょうか?
この本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。「ぽかん」のバックナンバーは1号以外は揃っています。

posted by 三月山 at 11:10| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする