2019年05月19日

「脈 101号 勝連敏男という詩人」

myaku101.BMP

「脈 101号 勝連敏男という詩人」
比嘉加津夫・編集  A5判/154頁 定価1200円+税 脈発行所

*目次
  特集 勝連敏男という詩人
    黒田喜夫 勝連敏男の詩へ
    芹沢俊介 暗さという中心 勝連敏男の詩に寄せて
    勝連繁雄 勝連敏男が「詩人」になる前
    川満信一 自立を求めて「血」に抗う―勝連敏男との交友
    仲程昌徳 〈夢〉の出所―勝連敏男1977年〜1978年
    松島 淨 勝連敏男ノート
    松原敏夫 勝連敏男という詩人―その詩と記憶の周辺
    仲本 瑩 エロスのロストワールドを
    大城貞俊 幻想のノンフィクション―勝連敏男の詩世界の照射力
    高良 勉 勝連敏男の思い出
    比嘉加津夫 詩人勝連敏男
    勝連敏男年譜
  俳句 仲本彩泉  アイドリング脳
  詩  伊良波盛男 老人の歌
  小説 仲本 瑩  バラードの斧ひかりの檻(61〜65)
     東木武市  島の西郷どん(5)
     比嘉加津夫 川端康成の死 平敷屋朝敏の謎(12)
  論考 村上一郎 村上一郎の未発表日記と『試行』13
      1963(昭和38)年の日記(4)(佐伯修 編・註)
     村上一郎 学生運動の現象学―いくつかの批判にこたえつつ
         (金原甫 注)
     松岡祥男 〈対話〉について 吉本隆明さんのこと(21)
     青柳瑞穂 現代の仕事における「怠け」
           怠けて生きたい私たち(18)
  編集後記
  表紙写真=勝連敏男(提供・勝連静子)
  題字= 比嘉良治 本文カット= ヒガカツオ

勝連敏男という詩人についてはまったく何も知りませんでした。そもそもこの名字の読み方もわかりませんが、ネットで検索したところでは、カツレンと読むらしいです。このカツレン氏は1943年生まれで1994年に死去。享年50歳。1979年に『勝連敏男詩集―1961~1978』にて第2回山之口貘賞を受賞。他に詩集歌集句集評論集など20冊ほど出版。
この雑誌はすぐに売り切れることも少なくありませんので、お買い求めはおはやめにどうぞ。
「脈」次号の特集は「黒田喜男と南島(仮)」で2019年月刊行予定
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 22:09| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

田中千鳥の本

288f872b226c04880d18.jpeg 
  「{復刻}千鳥遺稿 田中千鳥の詩の世界」
  (別冊「千鳥月光に顕つ少女」上村武男)
   B6判114頁?(別冊20頁) 価格1500円+税
   発行・アートスペース『ことるり舎』

田中千鳥は1917年3月に生まれ、1924年8月にわずか満7歳(小学二年生)で死去。この本は彼女の遺稿を母の古代子が出版した遺稿集の何度目かの復刻販です。本人の詩と作文と日記、そして、母、義父、叔父による追悼文が附されています。今回の復刻版には、上村武男氏が編集工房ノアの「海鳴り」14号(2001年)に発表された「千鳥月光に顕つ少女」が別冊として附いています。評論集『千鳥月光に顕つ少女』2002年編集工房ノア刊にも収録。

tidorinouta.jpg
  「千鳥のうた」詩・田中千鳥/絵・アジコ
   A5判50頁 価格1000円+税 発行・千鳥百年プロジェクト
こちらは千鳥の詩20編にイラストをつけた絵本で、全頁カラー印刷。発行所の千鳥百年プロジェクトのサイトはすぐれもので、千鳥の全作品を無料公開しているほか、いろんな関係情報も充実しています。早い話が、上記の本を読まずともほぼ間に合うような気がしないでもありませんが、うちの店でも販売させていただくことになりました。通販のお申し込みは三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。

posted by 三月山 at 11:13| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

「海鳴り」の31号着荷

uninari31.JPG「海鳴り」31号 ※非売品 

編集工房ノアが年に1回発行しているPR誌「海鳴り」の31号が例年になく早く届きました。昨年は4月末でしたが、5月になってからの年もあり、こんなに早いのはちかごろ記憶にありません。目次は上の表紙画像をクリックして拡大すれば読めるはずです。山田稔氏の「本棚の前で━三冊の本」は、1999年夏に下鴨古本まつりにて三冊五百円で購入された本について。天野忠の「枯木とひかりの子供」は前号と同じく未公表の童話集の一篇。涸沢純平氏の「土の声━常田富士男さんとの縁」は、昨年亡くなった俳優常田富士男氏の思い出。ノアから詩集を4冊出している常田茜氏は孫娘だそうです。この一年にノアが刊行した新刊は21冊。数年前までは30冊を越えていたのでやや少なめですが、うちの店では『こないだ』と『やちまたの人』が大量に売れたので、とてもけっこうな一年でした。それから今年も山田稔氏の「随筆選」の刊行が予告されていますが、書名等すべて未定なので、今秋に出ればよいほうでしょう。

「海鳴り 31」は、例年通り地べたの店またはネットにて、ノアの本及び関係ありそうな本を買っていただいた方に、「おまけ」として進呈しています。まことに申し訳ございませんが「非売品」につき、この冊子のみの通販はいたしかねますのでご了承ください。たくさんいただいていますから、およそ年末までは十分配布できるでしょう。

編集工房ノアの本の通販は、三月書房のサイトの「編集工房ノアの本の在庫」のページからどうぞ。

posted by 三月山 at 12:39| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

三月書房販売速報[130]発行のお知らせ


三月書房販売速報[130]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2019/03/26[21-01-130]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 130号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] 日販への返品率
[#04] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その92)
    ○みすず書房の書店別売上げランキング
    ○「大垣書店京都本店」「大垣書店ザ・キューブ店」
     「京都府官報販売所」ほか
    ○「ダ・ヴィンチ4月号 特集:あの人の、行きつけの本屋さん」
[#05] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○ボイス・パブリケーション、アヴァンティ、フルネット、
     地球丸、医薬ジャーナル社
[#06] etc.… 
    ○「週刊新潮」3月14日号“とっておき私の京都”
    ○短冊廃止(スリップレス)の版元が増加

====================================================

41fuF84xV-L._AC_AC_SR98,95_.jpg [ 出版ニュース 2019年3/21号」.
「出版ニュース」が終刊になりましたが、出版ニュース社は今後どうされるのでしょうか。いずれにしても、倒産に追い込まれたわけではないので徐々に業務を縮小されることになるのでしょう。しかし、強制終了される倒産と違って、自由意志による会社解散(廃業)の場合は、かなりの手間と時間と資金を要するようです。20年ほど前に廃業したペヨトル工房の今野元社長の『ペヨトル興亡史』(冬弓舎)によると、トーハンとの契約では解散後も2年間は返品を入帳する義務があり、しかも、解散のためには保証人をたてて新たな契約を結びなおさねばならないのだそうです。出版業界では何年間も新刊を出していないのに、なぜか廃業しないでゾンビ化している出版社が昔から少なくないようですが、このような契約があることも一因でしょう。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。もちろん無料です。

posted by 三月山 at 10:53| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

「脈 100号 上野英信と筑豊・沖縄」

myaku100.JPG

「脈 100号 上野英信と筑豊・沖縄」
比嘉加津夫・編集  A5判/190頁 定価1300円+税 脈発行所

*目次
  特集 上野英信と筑豊・沖縄
   上野英信 私の緑化闘争
   上野 朱 地の底から美ら海へ
   松本輝夫 上野英信と谷川雁―その共同と決別の深層
   三木 健 『眉屋私記』をめぐる人々
   坂口 博 「人間雑誌」と『眉屋私記』
   仲程昌徳 上野英信と流儀―『眉屋私記』をめぐって
   内田聖子 絶望にふさわしい快楽
   井手川泰子 上野英信先生の思い出
   小日向哲也 砂掛け爺爺の一人言―雁さんと並ぶ傑物との往時茫々
   北野辰一 近代化による流氓 『出ニッポン記』を読む
   仁衡琢磨 フラクタルあるいは王様と少女
          ―上野英信と再帰的重層的構造
   奥村華子 媒介される不可能性
          ―上野英信による記録が必要とされるとき
   新城兵一 上野英信の方へ
   仲里 効 たった一つの〈此処〉、幾つもの〈彼処〉
   青柳瑞穂 上野英信「スカブラの話」 怠けて生きたい私たち(17)
   比嘉加津夫 上野英信断想

  俳句 仲本彩泉 カウントダウン100
  短歌 日比谷久代  頌 『脈』百号に寄す/覉旅
  詩  仲本 瑩   海嘯(8)
     伊良波盛男  故郷の廃家
  小説 東木武市   島の西郷どん(4)
     仲本 瑩   バラードの斧ひかりの檻(全100/55〜60)
     比嘉加津夫  秋成のこと 平敷屋朝敏の謎(11)
  論考 村上一郎   村上一郎未発表日記と『試行』XII
             ―1963(昭和38)年の日記[3](佐伯修 編・註)
     松岡祥男   「ネギ弁当」にはじまる 吉本隆明さんのこと(20)
     安里昌夫   迫り来る修羅の極致と南島への鬱              ―『出発は遂に訪れず』(島尾敏雄・著)について
  編集後記
  表紙写真=上野英信(撮影/提供・本橋成一)
  題字= 比嘉良治 本文カット= ヒガカツオ

記録のために目次等を掲載しておきますが、この号は発売直後にほぼ完売しました。発行所にもすでに余分がほとんどなさそうなので通販はいたしかねます。この雑誌は数百部しか制作されていないので、特集によってすぐに売り切れることも少なくありません。
そのかわりと言っては何ですが、しばらく品切れだった97号「特集:沖縄を生きた島成郎」が重版されました。第2刷には新たにグラビア6頁が追加されましたが定価は変わりません。写真は島夫人の提供によるもので全11葉。この内数葉は佐藤幹夫氏の『評伝島成郎』にも掲載されています。その他の写真が初公開なのかどうかは不明です。

「脈」次号の特集は「勝連敏男という詩人(仮)」で2019年5月刊行予定
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 19:24| 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

「アナキズム・カレンダー2019」入荷

cira2019_cover.jpg
「アナキズム・カレンダー2019
 近藤憲二没後50年〜三代で継いできた近藤文庫」
A4横サイズ/28頁/価格1200円(税込) アナキズム文献センター 編集・発行

何とか年内に「アナキズム・カレンダー2019」が入荷しました。これは12月27日に入荷した2016年版に次ぐ遅さです。スタイルはここ数年のと同じで一月分が2頁、開くと上部が記事、下部がカレンダーとなってます。表記は例によって曜日はエスペラント表記で月曜始まりです。
特集は「近藤憲二没後50年〜三代で継いできた近藤文庫」。発行所のサイトによれば、“1堺利彦・為子、近藤憲二・(堺)真柄、そして近藤千浪と三代に渡り、ときに自分たちのものを二の次にしてまで、守り抜いてきた貴重な資料、特にアルバムをメインに紹介しています”とのこと。
このカレンダーの送料は180円、2015年の「山鹿泰治」も少し残っています。こちらも税込み1200円、お申し込みは三月書房のサイトの「南天堂関係者の本」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 22:42| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

年末、年始の営業案内

2018.19.JPG

12月19日(水)〜30日(日)は無休で営業
12月31日(月)〜1月4日(金)は休みます

24日(月)と25日(火)は定休日ですが年末らしく営業します。週休2日も定着してきた?ので常連客はどなたもご来店にならないような気がしますが、24日は祝日なので少しは通行人も多いのではと、ちょっとだけ期待しています。

上の写真はとりあえずなにか写真が必要なのでアップしてみただけでとくにどうということはありません。店頭のショウウインドウの今日の景色です。いちばん目立つ「やましたくん」は飲み仲間の(あまり呑まない)山下君の絵本です。もともとこの場所は10年ほど「別冊太陽 熊谷守一」をかざっていて、この表紙の猫の客寄せ効果は抜群だったのですが、版元品切れになってしまったの、とりあえずいろいろとっかえひっかえしていますが、どれもいまいち客寄せ効果が低いような感じです。このショウウインドウの猫本の集客効果についてはこのブログの2006年05月23日の記事をごらんください。

posted by 三月山 at 21:24| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

「黒のマガジン」第4号 

>黒のマガジン4.jpg 「黒のマガジン」第4号 定価800円(税込)

8月に出るとの予告があった「黒のマガジン」の第4号がやっと入荷しました。この特集は“水木しげるとカメラ雑誌の世界”です。編集発行人の黒木和也氏のブログによると“様々な写真資料からみた水木作品やその作画術、といったものを話したり記したりしています。他にも、水木とお笑い芸人や、水木と海外怪奇小説といったものもあり変にボリュームのある内容になっている”とのこと。特集は78頁分で、小さなフォントの三段組みに図版も多数収録されていてかなりの情報量です。
この雑誌の通販は通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からメールでどうぞ。
第3号「水木しげるとアメリカンコミックスの世界」の在庫も残っています。
藤本和也さんのブログ(仮タイトル)
「黒のマガジン」のブログ

posted by 三月山 at 11:40| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

三月書房販売速報[129]発行のお知らせ


三月書房販売速報[129]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2018/12/15[20-03-129]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 129号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#00] 週休二日制にしましたがまずは順調です
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その91)
    ○岩波書店専門取次の不退書店が10月末で閉店
    ○「男の隠れ家」12月号“特集・本のある空間。”
    ○「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」G.B.刊
[#04] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○海悠出版、週刊秋田社、リンダパブリッシャーズ、
     モーニングデスク、GGメディア
[#05] etc.… 
    ○角川文庫などの短冊廃止
    ○「週刊読書人」“アンケート特集「2018年の収穫」

========================================================================

512zE5QtFmL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」G.B.刊
この本にはぜんぜん知らなかった本屋が多く紹介されていてなかなか便利な本です。しかし、この本の版元のG.B.という会社名は最悪に近いのではないでしょうか。まったく何屋かわからないし、このまま検索したらアルファベットの略語の群に埋没していて発見が困難です。せめてG.B.出版とかG.B.プレスにでもしたほうがまだましでしょう。とは言え、三月書房もちゃんと載っていて、ただで宣伝していただいているわけで、ありがたいことです。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。もちろん無料です。

posted by 三月山 at 09:51| 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

「ぽかん」8号、「APIED・32 寺山修司」

pokan8.JPG 「ぽかん」8号

 本文80頁/定価700円+税 編集・真治彩/発行・ぽかん編集室
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*目次
〈エスさま、わたくしたちを‥‥〉―「門司の幼少時代」(3)  山田稔
初恋について   石橋正孝
水ギョーザ  岩阪恵子
ライク・ イエスタデイ   能邨陽子
フルサトヲ取リ廻ル色―高祖保と牛窓の海  澤村潤一郎
父のチェーホフ( 四)―1928年、湯浅芳子  扉野良人
多喜さん漫筆(七)―郷玩と俳句  外村 彰
六さんのこと  内堀弘
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この号も前号同様おまけ冊子はついていません。これで3号続けておまけ無しで判型も同じなので、この形で定着するのでしょうか?この雑誌は1号と2号はA5判横開き無線綴じ、3号から5号は本体は6号以降と同型の中綴じですがA4判の附録ありとスタイルが一定していません。おまけ好きの方にはよいかもしれませんが、販売する方としてはごちゃごちゃしていて陳列しにくくてめんどうでした。この号の山田 稔氏のは8頁分。信愛幼稚園というキリスト教のに通園されていたそうです。京都の河原町御池にカソリック教会があり同名の幼稚園が附属していますが、門司のはYMCA附属らしいのでプロテスタント系ででしょう。内堀弘氏の「六さんのこと」の六さんとは晶文社の編集者などしていた故中川六平氏のことです。
この本の通販は三月書房のサイトの“他店ではあまりみかけない本”の頁からどうぞ。「ぽかん」のバックナンバーは1号以外は揃っています。

032.jpg 「APIED・32 寺山修司」

本文90頁/定価700円+税 編集・金城静恵/発行・アピエ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
32号の特集は寺山修司。発行所がうっかりしていて入荷しなかった31号も同時入荷しました。特集は小説と食事。この雑誌のえらいところは創刊から15年以上になるのに、装幀も編集方針もまったく変わらないことです。これならバックナンバーも揃えて陳列しやすくてけっこうです。バックナンバーは半分ほど完売ですが、仕入れ可能なのはすべて在庫しているはず。通販のお申し込みは三月書房のサイトの「アピエの本の在庫」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 09:12| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする