2020年05月25日

最終営業日について

20200525.jpg

日販からの送品は5月15日で終了しました。毎朝の着荷を開梱するのはけっこう楽しい仕事だったので、それが無くなったのは少しものたりない気がしています。とはいえ、近年は朝の6時台に届くことが多かったので、雨の日や返品のある日は早起きするのがたいへんでしたから、のんびり寝ていられるのはうれしい。
送品が無くなったので、新刊ばかりでなく、補充注文もできなくなり、棚がどんどん空きだして、最上段はほぼすべて空になりました。開業以来70年そのままらしき棚の背板が汚くてみっともないけれど、いまさら気にすることもないでしょう。
直取引の版元からの仕入れはまだ可能なので、SURE、ノア、黒色戦線、猫々堂、バーゲンブック(八木書店)、短歌本などは補充もしていますが、それが無ければもっと棚がスカスカになっていたはずです。
最終営業日については、31日の日曜だろうと考えるられる方が多そうなので、それを外すために6月初めの数日は営業する予定です。日販への最終返品日は未確定ですが、たぶん6月10日から15日のあたりになりそうです。返品の箱詰めは、のんびりやると一週間ほどかかりそうなので、6月に入ればそう長くは開けていられないはずです。というわけで、お早目のご来店をお待ちしています。

posted by 三月山 at 12:22| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

閉店までおよそ残り一月ほどになりました

PHOTO004.jpg

 

二年ほど間からぼちぼちと閉店準備をすすめていましたが、最期になってこんなウイルス禍に巻き泊まれるとは予想もしていませんでした。2月に新聞報道があってからは大繁盛していたのですが、4月に入ってからは来店者が激減しています。久しぶりに来てくださった方の多くが、 閉店までにもう一度来たいとおっしゃってましたが、京阪、阪急、JRの沿線の方が多いので、しばらくは無理でしょう。閉店時期を延期することも可能ですが、終息する見込みが当分なさそうなので、予定通り閉店することになりそうです。いまのところ5月下旬、あるいは6月上旬の“ある日”が、結果としての最終日になるでしょう。
上の写真は下御霊社の夏祭りの献灯提灯ですが、今年は祭礼行列も神輿巡行も露店もなしになってしまいました。うちの店はこの夏に閉店し、年末には廃業しますので、この献灯も今年が最後です。

posted by 三月山 at 10:31| Comment(1) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

「海鳴り」32号が届きました

uminari 32.jpeg「海鳴り」32号 ※非売品 

編集工房ノアが年に1回発行しているPR誌「海鳴り」の32号が早くも届きました。山田稔氏の「ヌーボーの会のこと」は2段組み15頁分。1960年代の京大仏文科若手有志による読書会の記録で、生田耕作、杉本秀太郎、高橋たか子、西川長夫ほかの方々が登場。荒井とみよの「多田先生の本棚」は多田道太郎氏の思い出。中尾務の「おせわになりました」は富士正晴記念館館長時代の記録。本筋とは関係ありませんが、茨木市の教育委員会は、気にくわん教師を懲罰人事で養護学校に送り込んでいたとのこと。今でもそんなことをしているのでしょうか?涸沢純平氏の「しずかな夫婦」は、昨年末に百歳で亡くなられた天野忠夫人について。その他の内容は、上の表紙画像をクリックして拡大していただけば読めるはずです。

「海鳴り 32」は、例年通り地べたの店またはネットにて、ノアの本及び関係ありそうな本を買っていただいた方に、「おまけ」として進呈しています。まことに申し訳ございませんが「非売品」につき、この冊子のみの通販はいたしかねますのでご了承ください。たくさんいただいていますから、少なくとも「山田稔自選集」の三冊目が出るまでは残っているはずです。

編集工房ノアの本の通販は、三月書房のサイトの「編集工房ノアの本の在庫」のページからどうぞ。

posted by 三月山 at 19:24| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

「三月書房販売速報[132]「」発行のお知らせ


三月書房販売速報[132]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2020/02/25[22-01-132]  (c)SISIDO,Tatuo   *転送歓迎*

     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 132号
            ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

◎主な内容
[#00] 先日の新聞の閉店記事、その後
[#01] 最近売れてるような気がする本
[#02] これから売れそうな気がする本
[#03] 日販への返品率
[#04] <天に唾する>京都の書店のうわさ(その94)
    ○みすず書房の書店別売上げランキング
    ○「ジュンク堂書店京都店」2月末で閉店
[#05] 近ごろちょっとまずいことになったらしい出版社など
    ○東邦出版(シーロック出版社)、フルネット、新水社、
     レヴィプラス4Dmusic、トランスメディアなど
[#06] etc.… 
    ○Amazonが書店への卸業務開始へ
    ○クリックポストが4月からまた値上げ
    〇「別冊太陽スペシャル・京都が京都である理由。
    〇「週刊読書人」の“アンケート特集「2019年の収穫

====================================================

nfkonekodo.jpeg
猫々堂の「吉本隆明資料集」は本編191集、別冊2集で完結しました。ほぼ20年間、毎年10号の刊行でしたが、多い集で100冊以上、少ない集でも30冊以上売れていました。その売り上げの6割以上が通販でしたが、それはAmazonでは売っていないということが大きく影響していたはずです。Amazonで扱っていないということは、新本ばかりでなく、マーケットプレイスで古本も売っていないということであり、その結果バックナンバーもほとんど値崩れしていないわけで、その点も強みでした。

「三月書房販売速報」のバックナンバーはこちらでお読み下さい。最新号は発行の1月後にアップします。定期購読のお申し込みは、同じページからメールにてお申し込みください。もちろん無料です。

posted by 三月山 at 00:00| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

三月書房販売速報[号外] 朝日新聞の記事について

三月書房販売速報[号外]
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
2020/02/17[-…-…]  (c)SISIDO,Tatuo    *転送歓迎* 
     e-mail版 三月書房 販売速報(仮題) 号外
      ※いちおう出版業界向けに制作してます※
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

[#00] 朝日新聞の記事について

今朝の朝刊の地方版に「京都の名物書店、三月書房が閉店へ」という記事が
載りました。
  (※朝日新聞デジタル版に転載あり
   asahi0217.jpg
昨秋発行したこのメルマガの131号にも「ごくゆるゆると、そう遠くはなさ
そうな、閉店に向けて、まことにのんびりと作業を進めているのですが…」
と記しておいたので、購読者の皆様には初耳ではなかったはずですが、ご存
じなかった方は少しおどろかれたようです。

この記事は昨日取材を受けたものですが、記事に大きな間違いはありません。
しかし、「5月の連休明けにも店頭販売を終える。」とあるのは困ったことで、
記者の方には、早ければ5月の連休明けにもと話しただけでした。具体的な日
取りは決定していませんし、発表する気もありません。
とにかく、こんな記事が出てしまったので、これを<誤報>にするためにも、
5月の連休明けには閉店しないでしょう。なんだ、閉めると聞いてたのにまだ
やってるのかと、お客が飽きてきた頃合いをみて、ある朝、店を開けずに
「週休七日」の掲示を貼るつもりです。

閉店にあたって絶対に避けたいのは、事前に閉店日を周知して、廃線になる
ローカル鉄道の最終列車のようなお別れイベントにされてしまうことです。
失礼ながら神戸の海文堂さんのときのような目には会いたくありません。

閉店する理由は、記事にもある通り、店主高齢、後継者不在が最大の理由で
す。うちの店は借金ゼロ、人件費ゼロ、店賃ゼロ、経費極少で、わずかなが
らも黒字を維持しています。したがって、経営不振で廃業するわけではあり
ません。(※以下略)

続きは三月書房のサイトの「販売速報(仮題)」のページでお読みください。

    
posted by 三月山 at 11:43| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

「山田稔自選集 2」本日入荷

yamada2.jpeg

「山田稔自選集 2」
四六判上製312頁 定価2300円+税 編集工房ノア


「山田稔自選集 2」が入荷しました。1巻が昨年7月でしたから、ちょうと半年後と予告通りの間隔なので、3巻はおそらく今年の7月の予定でしょう。

*帯の文
   山田稔が固有名であると同時に、
   ひとつの文学ジャンルであることは、
   もはや疑いようがない。
   堀江敏幸

*目次
   富来(イ)
   別れの手続き(ロ)
   詩人の贈物(ハ)
   八十二歳のガールフレンド(ハ)
   志津(ヘ)
    *
   松川へ(イ)
   楽しき逸脱━桑原武夫(ト)
   慈父のように(ヘ)
   伊吹さん(ニ)
   生島遼一のスティル(ニ)
   「どくだみの花」のことなど(ホ)
   表札(ヘ)
    *
   天野さんの傘(ニ)
   ニーノさん(イ)
   ある冬の夜のできごと━坂本一亀(ハ)
   古希の気分━松尾尊允(ニ)
   裸の少年(ニ)
    *
   神泉苑(ハ)
   転々多田道太郎(イ)

 ※(イ)「マビヨン通りの店」所収
  (ロ)「特別な一日」所収
  (ハ)「八十二歳のガールフレンド」所収
  (ニ)「天野さんの傘」所収
  (ホ)「こないだ」所収
  (ヘ)「生の傾き」所収
  (ト)「影とささやき」所収

この巻には単行本未収録のは一篇もありませんでした。各篇の初出は表示されていますが、どの単行本に収録されているのかは記されていないので、(イ)〜(ト)で表示しておきます。この7冊はすべて編集工房ノアの刊行で、「生の傾き」のみ版元品切れ中です。よーするにちょっと残念なことに、とりたてて珍しいものはありません。今回もあとがき等がありませんのでよくはわかりませんが、タイトルが少し変更になっているのが数篇あるようです。本文の改稿があるのかどうかも不明です。
通販のお申し込みは、三月書房のサイトの「編集工房ノアの本の在庫」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 21:13| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

「ザ・うらたじゅん 全マンガ全一冊」

61YOEOlvIHL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg
菊判640頁 定価2800円+税 第三書館

今年の2月7日に急逝されたうらたじゅんさんの全漫画全1冊。この予告を見たときは、詰め込み過ぎて読みにくいのではと危惧していましたが、予想よりもはるかに読みやすい本になっていました。横開き1頁に原画2頁分で、よーするに文庫2頁分を1頁にまとめたようなサイズですが、菊判はA5判よりやや大きいのでA6判の文庫版2頁よりもややゆとりが感じられます。分厚い割には手に持ちやすく、綴じがきつくないので十分に開くため、ノドの部分も読みにくくありません。これで製本がしっかりしていて耐久力があればよいのですが、そこのところはすぐには判断できません。
この本のやや残念なところは、各作品の掲載誌や発行日が註記されていないことです。例えば、つげ義春さんが絶賛したという「うわばみのおキヨ」は『アナキズム』誌の六号(2005・06)が初出であるというような情報の一覧表が欲しいところでした。
うらたさんには面識がありませんが、ご自身のブログによれば、ときどき三月書房にご来店いただいていたようです。何かを購入されたかどうかはわかりませんが、ご自分の本が在庫されているかどうかをチェックされているようでした。「私の知る範囲では、拙著が常にある本屋さんは京都の三月書房とここだけです(もし他にもあれば、ごめんなさい)」[うらたじゅんの道草日記 2009年 01月 26日]
この本は分厚くて通販だとレターパックで520円もかかりますから、なるべく書店の店頭でお求めください。全国どこの書店でも仕入れは可能です。

posted by 三月山 at 14:01| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

年末年始営業案内

omote.jpg

12月30日(月)〜1月4日(土)は休みます

昨年までは年末の定休日は無休にしていましたが、さほど来店客も増えなかったので、今年は通常通り月曜と火曜は休みます。年末は30日がちょうど月曜日なので都合がよいのですが、1月は5日に開店したらすぐに次の6日からまた定休なので、いっそ5日も休んだほうがよいような気がしないでもないですが、それではあまりにあいそがないので営業します。

上の写真は店の表のシャッターで、マジックインキで営業時間等を記入してあります。ごらんのように、まことに雑な仕事で、正直キタナイです。ところがこれがよいとわざわざ紹介してくれた雑誌があります。今年の秋に出た「京都が京都である理由。 (別冊太陽スペシャル)"」ですが、「太陽」といえばもともとは写真雑誌だったのでカメラマンも上等の方が来られたのでしょう。このきたないシャッターが見事なカラー写真になって掲載されています。ちなみに上の写真は小生がスマホ撮りしたいいかげんなものですからお間違がえのないように。この写真の解説文(永江朗センセ)は“休むこと、マイペースが伝統を守ってきた。”という見出しで、末尾には“シャッターに直接書かれた営業案内が潔い”とあります。なんでもほめようがあるものですね。ここ20年ほど数えきれないほどの雑誌や新聞等にて、うちの店の紹介をしていただきましたが、これがいままでで一番気に入りました。とはいえ、京都特集も本屋特集も多すぎて、こんなものまで載せるようではぼちぼち種切れかもしれません。

51nkS0m-osL._SX373_BO1,204,203,200_.jpg

posted by 三月山 at 16:34| Comment(0) | 三月書房からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

「脈 103号 葉室麟、その作家魂の魅力と源」

myaku103.JPG

「脈 102号 葉室麟、その作家魂の魅力と源」
比嘉加津夫・編集  A5判/162頁 定価1200円+税 脈発行所

*目次
  特集 葉室 麟、その作家魂の魅力と源
    松本輝夫 葉室麟と谷川雁、保田與重郎
         ――歴史上の敗者の物語に時代反転の「曙光」を求めて」
    北野辰一 葉室麟と話したかったこと
    仁衡琢磨 葉室麟 惜別賦――含羞と清冽の人へ――
    坂口 博 葉室麟と五味康祐――「柳生武芸帳」ノオト
    大矢和世 人のもつ尊厳を信じて書くということ
    師岡司加幸 『蜩ノ記』考 ―物語の行方
    金丸謙一郎 土蔵の奥に見いだすもの ―美しい夢に抗して
    仲本 瑩 残された命を使い切る――葉室麟
    松島 淨  葉室麟ノート ―「蜩ノ記」を読む―
  俳句 仲本彩泉 ウラシマから貰った暦
  詩  伊良波盛男 男一人
     仲本 瑩  参拾四円の葬式 他2
  短歌 日比谷久代 悼/羇旅2/色
  小説 仲本 瑩  バラードの斧ひかりの檻(全100/71〜73)
     鈴木次郎  富士山不連奴准教授のテレビ的人間分析学集中講義
     比嘉加津夫 小説始まる 平敷屋朝敏の謎(14)
  論考 佐伯 修  「村上一郎の未発表日記」余禄・私記(一)
     村上一郎 村上一郎の未発表日記と『試行』15
      1963(昭和38)年の日記(6)(佐伯修 編・註)
     青柳瑞穂 「怠け」の方言 怠けて生きたい私たち(20)
     山口弘子 思わずにいられない――村上一郎と三枝ミ之の一葉
     松岡祥男 講演について 吉本隆明さんのこと(23)
  編集後記
  表紙写真=葉室麟(提供・撮影 大矢和世)
  題字= 比嘉良治 本文カット= ヒガカツオ

「脈」次号の特集は「『ふたりの村上』と小川哲生(仮称)」で2020年2月刊行予定。
脈発行所の本の通販は三月書房のサイトの「脈発行所の本」のページからメールでどうぞ。「脈」と「myaku」のバックナンバーも少しあります。

posted by 三月山 at 22:06| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

「アナキズム・カレンダー2020」

preview_01_表紙_01.jpg
A4横サイズ/28頁/価格1200円(税込) アナキズム文献センター 編集・発行

今年はいまだかってなかった早い時期に「アナキズム・カレンダー2020」が入荷しました。年末までに丸二月も販売期間があるのは初めてです。よくは知りませんがジャニーズとかのカレンダー類と比べても、さほど遅れをとっていないでしょう。スタイルはここ数年のと同じで一月分が2頁、開くと上部が記事、下部がカレンダーとなってます。表記は例によって曜日はエスペラント表記で月曜始まりです。
特集は「エマ・ゴールドマン1869-1940」。発行所のサイトによれば、“エマの多彩の活動が伝わるよう、生涯の同志であるアレクサンダー・バークマン、幸徳秋水らが処刑された大逆事件に対する日本政府への抗議や救済を世界に呼びかけた雑誌『マザーアース(母なる大地)』、日本でもっとも強くエマに思想的な影響を受けた伊藤野枝訳の文章、「平民新聞」でのエマ自伝の連載時のイラストなどを紹介。”とのこと。
このカレンダーの送料は180円、2015年の「山鹿泰治」も少し残っています。こちらも税込み1200円、お申し込みは三月書房のサイトの「南天堂関係者の本」のページからメールでどうぞ。

posted by 三月山 at 11:05| Comment(0) | 「本」とか「雑誌」とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする